編集手帳

人生の有為転変を一句一句歩んだ人

投稿日:2018年2月22日 更新日:

2018年2月22日付け「編集手帳」要約

俳壇のカリスマ敵存在だった金子兜太氏が98歳で亡くなった。
花鳥諷詠に背いて社会性を読む前衛俳句運動への貢献は広く知られるところだろう。
〈水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る〉
〈手の傷も暮らしの仲間雪青し〉
〈銀行員等朝より螢光す烏賊のごとく〉
〈彎曲した火傷し爆心地のマラソン〉
大正8年(1919年)うまれ。
世を鏡に人生の有為転変を“一句一句”歩んだ人である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.29付け「編集手帳」要約

右のポッケにあった夢は…

2017年4月29日付け「編集手帳」要約 13歳の美空ひばりさんが演じた映画『東京キッド』、 ♪右のポッケにゃ夢がある/左のポッケにチュウインガム…。 同名の主題歌に当時、生活に追われる身を励まされた …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …

2018.07.28付け「編集手帳」要約

熱の銀行総裁に退任願いたい

2018年7月28日付け「編集手帳」要約 気象エッセイストの倉島厚さんによると、水は「熱の銀行」という。 空のどこかに「熱の銀行」総裁がいるとしたら、退任願いたい。 台風12号の進路予想が悩ましい。 …

2018.01.25付け「編集手帳」要約

まがいものに見える戌年の平昌五輪

2018年1月25日付け「編集手帳」要約 戌年に開催される平昌五輪。 「戌」には打ち消しの否から転じた例があるといい、それをダブらせてしまう。 参加を決めた北朝鮮に譲歩しすぎだと、文在寅政権へ国内世論 …

2018.02.25付け「編集手帳」要約

もっと触れたい文化がある

2018年2月25日付け「編集手帳」要約 かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。 アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。 その作品は毛並み、表情、しぐさ、す …