編集手帳

何かをして罪を感じない心とは?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

2018年2月21日付け「編集手帳」要約

ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。
「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている」
これと正反対の事件を読んだ。
強制わいせつ罪に問われた福岡県警の元警部補2人の裁判である。
「わいせつの故意はなかった。体育会系の職場で、宴会芸としてやっただけだ」
女性をどんな「目」で見ていたか、という認識で争うらしい。
カーター氏は心の内に罪に感じているだけで何もしていない。
何かをして罪を意識しない心とは何だろう?

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.15付け「編集手帳」要約

心の使い方が歪んでいる五輪

2018年2月15日付け「編集手帳」要約 〈我も又重き荷負わせし一人ならむ許したまえよ高梨沙羅よ〉 4年前の4位から、平昌五輪で銅メダルをとった高梨選手の笑顔は、観戦した人にまぶしく映る。 五輪に限ら …

2017.10.01付け「編集手帳」要約

甘い話の副作用と対処法はいかに

2017年10月1日付け「編集手帳」要約 夏目漱石は無類の甘党だった。 絶えず胃痛を訴えつつ、甘い菓子がやめられずついには糖尿病を患った。 甘い誘惑にあらがえず、深刻な病に至るのは我が国の財政も然りで …

2017.05.30付け「編集手帳」要約

わが身に「驚け」と命じている

2017年5月30日付け「編集手帳」要約 「驚く」は、はたから強要したり、されたりするものではないのかも知れない。 それを承知でわが身に「驚け」と命じている。 北朝鮮が3週連続で日本海に弾道ミサイルを …

2017.10.14付け「編集手帳」要約

電話魔め

2017年10月14日付け「編集手帳」要約 狐狸庵先生こと遠藤周作さんは、いたずら好きとしても知られていた。 税務署や警官を名乗って、作家仲間にいたずら電話をしていた。 そのいたずらは「電話魔罪状録」 …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …