編集手帳

何かをして罪を感じない心とは?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

2018年2月21日付け「編集手帳」要約

ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。
「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている」
これと正反対の事件を読んだ。
強制わいせつ罪に問われた福岡県警の元警部補2人の裁判である。
「わいせつの故意はなかった。体育会系の職場で、宴会芸としてやっただけだ」
女性をどんな「目」で見ていたか、という認識で争うらしい。
カーター氏は心の内に罪に感じているだけで何もしていない。
何かをして罪を意識しない心とは何だろう?

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.11.10付け「編集手帳」要約

「暴追に成功した街」となればいい

2017年11月10日付け「編集手帳」要約 北九州市で暴追運動の先頭に立つ人の家が銃撃された事件で関係者が逮捕された。 暴追運動の三原則「利用しない」「恐れない」「金を出さない」のうち二番目が一番難し …

2017.07.14付け「編集手帳」要約

小さな幸せを知らずに逝った人

2017年7月14日付け「編集手帳」要約 歳時記と古典落語にひっそりと残る「藪入り」 明後日がその日にあたる。 今年に限って思い出されるのは、働き方を考えさせられるニュースのせいかも知れない。 電通の …

2017.02.03付け「編集手帳」要約

誉められめい

下から読むのは言葉遊びのイロハ。 自分の名を下から読んだのは、歌人の“言葉の魔術師”塚本邦雄さんである。 〈鬼来とも勝つ〉。 きょうの節分、豆で追い払いたい鬼は人それぞれだろう。 明けてあすは立春であ …

2017.01.21付け「編集手帳」要約

無人島に羽生さんを持っていく

“神武以来の天才”と騒がれた、「加藤一二三」九段の引退が決まった。 それが報じられた翌日、「史上最年長勝利」の記録を更新している。 〈冬の牡丹の魂で咲く〉。 魂で咲く花は、まだ枯れていない。 「無人島 …