編集手帳

何かをして罪を感じない心とは?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

2018年2月21日付け「編集手帳」要約

ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。
「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている」
これと正反対の事件を読んだ。
強制わいせつ罪に問われた福岡県警の元警部補2人の裁判である。
「わいせつの故意はなかった。体育会系の職場で、宴会芸としてやっただけだ」
女性をどんな「目」で見ていたか、という認識で争うらしい。
カーター氏は心の内に罪に感じているだけで何もしていない。
何かをして罪を意識しない心とは何だろう?

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.23付け「編集手帳」要約

銀幕に奇跡を求めた人

2017年2月23日付け「編集手帳」要約 40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、 60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。 薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …

2018.04.29付け「編集手帳」要約

すさまじい勢いで広がる見聞録

2018年4月29日付け「編集手帳」要約 碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。 この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。 抹茶の甘みが …

2018.02.20付け「編集手帳」要約

例えが見つからない光景

2018年2月20日付け「編集手帳」要約 スピードスケート女子500メートルに輝いた小平奈緒選手。 その滑りを「獣」に例えたことが妥当かという話題が平昌五輪で話題になった。 その滑りよりも、視聴者の心 …

2018.01.26付け「編集手帳」要約

カラフルな背中が春近しと思わせる

2018年1月26日付け「編集手帳」要約 千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。 野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりにな …