編集手帳

心の使い方が歪んでいる五輪

投稿日:2018年2月15日 更新日:

2018年2月15日付け「編集手帳」要約

〈我も又重き荷負わせし一人ならむ許したまえよ高梨沙羅よ〉
4年前の4位から、平昌五輪で銅メダルをとった高梨選手の笑顔は、観戦した人にまぶしく映る。
五輪に限らず、選手とそれを観る人はお互いに心を使う。
よかった。
悔しいーー澄んだ心で共有するからスポーツは栄えるのだろう。
ただ、この五輪で残念なのは不純物が目立つ。
きのう応援席で領有権を主張する島を明示する朝鮮半島旗が掲げられた。
心の使い方が歪んでいる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2018.03.06付け「編集手帳」要約

均等に分けることが美徳と言えない

2018年3月6日付け「編集手帳」要約 均等に分け合うことを良しとする美徳がわれわれの心に染みついている。 そう思う習慣のせいで、いつも談合事件の報を聞くと戸惑う。 だが、子細が判明するにつれ迷わなく …

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2017.07.23付け「編集手帳」要約

夏休みの終わりは大海の水平線

2017年7月23日付け「編集手帳」要約 各地の小中学校で先週、終業式が行われた。 この時期の子供にとっての休みの終わりは大海の水平線のようなものだろう。 子供の学力向上を旗印に、授業日数増加の方針を …

2018.04.03付け「編集手帳」要約

新入社員の八年後の顔

2018年4月3日付け「編集手帳」要約 〈捨てた一粒の柿の種/生えるも生えぬも/甘いも渋いも/畑の土のよしあし〉 果実を結ぶ時期は〈桃栗三年柿八年〉という。 社会に飛び出した若者が実をつけるまでの期間 …