編集手帳

上の空だった経営者

投稿日:2018年1月30日 更新日:

2018年1月30日付け「編集手帳」要約

あすの31日の夜は皆既月食。
世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。
仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。
いったい何が失われたのか?
取引会社は資産を盗まれたにもかかわらず、顧客に相応の返済ができると主張している。
分かる人が分かる一方で、ちんぷんかんぷんの人も多かろう。
経営者がぼんやりしていて、上の空ということはかろうじて分かった。
不正アクセスへの当たり前の防御を甚だしく怠っていたとか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.19付け「編集手帳」要約

隣国の愚挙を許さない

2017年8月19日付け「編集手帳」要約 政府は72年前のきょう、灯火管制の解除を決めた。 日本の夜に戻ったあかりに平和を実感したという人は少なくない。 その幸福な時間が連綿と続く中できのう、北朝鮮の …

2017.03.26付け「編集手帳」要約

「願わくは」と呼びかけたい

2017年3月26日付け「編集手帳」要約 3年後に五輪を控える1961年の通常国会で、酩酊防止法が成立した。 この年の花の季節に、 〈花見客が、年々、繰り返す乱暴ろうぜきざたは、願わくはことしかぎりに …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2018.04.03付け「編集手帳」要約

新入社員の八年後の顔

2018年4月3日付け「編集手帳」要約 〈捨てた一粒の柿の種/生えるも生えぬも/甘いも渋いも/畑の土のよしあし〉 果実を結ぶ時期は〈桃栗三年柿八年〉という。 社会に飛び出した若者が実をつけるまでの期間 …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …