編集手帳

上の空だった経営者

投稿日:2018年1月30日 更新日:

2018年1月30日付け「編集手帳」要約

あすの31日の夜は皆既月食。
世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。
仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。
いったい何が失われたのか?
取引会社は資産を盗まれたにもかかわらず、顧客に相応の返済ができると主張している。
分かる人が分かる一方で、ちんぷんかんぷんの人も多かろう。
経営者がぼんやりしていて、上の空ということはかろうじて分かった。
不正アクセスへの当たり前の防御を甚だしく怠っていたとか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.11付け「編集手帳」要約

「重」い「言」葉

2018年1月11日付け「編集手帳」要約 意味の重複することがを重言というが、車に関するものが多い。 言葉の神様があえてくどい言い回しで安全への思慮を促しているように思えなくもない。 免許の返納を家族 …

2017.08.12付け「編集手帳』要約

日傘男子広め隊

2017年8月12日付け「編集手帳」要約 現代は日傘を愛用するのは女性がほとんどであるが、古代の日本には、高貴な人物が外出する際、従者が日傘を差しかざす風習があった。 新聞に「日傘男子」という写真が掲 …

2017.02.11付け「編集手帳」要約

〈東風解凍〉、もうひと踏ん張りだ

天神さま、菅原道真。 早熟の天才児、政争の敗残者というふたつの面影を花に映じた、梅の人である。 七十二侯のひとつ〈東風解凍(はるかぜこおりとく)〉。 「東風」に縁の深い学問の神様が、受験生を励ましてい …

2017.06.04付け「編集手帳」要約

いまもかなり変

2016年6月4日付け「編集手帳」要約 戦前の昭和には、縁談相手の成績を学校へ行って見せてもらうことは珍しい話ではなかった。 個人情報保護法の全面施行後、交通事故の被害者の家族が病院に様態を尋ねたとこ …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …