編集手帳

クローンで国宝の価値を再認識

投稿日:2018年1月29日 更新日:

2018年1月29日付け「編集手帳」要約

政府が昨年末に発表した「文化経済戦略」は、クローン文化財のような「高精細レプリカ」を、教育や観光の分野で活用する方針を盛り込んだ。
公開日数を制限されている重要文化財に変わり、クローンで見る機会が増えれば国宝の価値が再認識されるだろう。
物に込められた心の継承──。
クローン文化財にはそんな伝統が生きている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.13付け「編集手帳」要約

夏の風物詩、「怪談のたぐい」

2017年8月13日付け「編集手帳」要約 昔の消夏法は下町の縁台で「怪談のたぐいの話」を聞くことだった。 たが、クーラーの普及が進み私たちの生活の中から〈怪談〉が消えてしまった。 冷房が普及していなく …

2018.01.20付け「編集手帳」要約

国民的辞書であることの証明

2018年1月20日付け「編集手帳」要約 岩波書店「広辞苑」第7版に相次いで誤りが見つかっている。 新版で追加された1万語の一部だが、発見のスピードに少々驚く。 12日に発売されたばかりである。 辞書 …

2017.12.10付け「編集手帳」要約

赤い花びらに重なる子供の顔を忘れまい

2017年12月10日付け「編集手帳」要約 絵本画家いわさきちひろは、シクラメンの赤い花びらに戦争の炎を思い、一枚一枚に幼い子供の顔を描いた。 世界では今も多くの子供が紛争に苦しめられている。 本物の …

2017.03.09付け「編集手帳」要約

妖しい花のような女性

2017年3月9日付け「編集手帳」要約 阿部定は昭和史を彩る有名人ながら、この欄に登場したことがない。 久しぶりに紙面で名前をみた。 戦前の猟奇的な「阿部定事件」を想起さるドラマ、 『サヨナラ、きりた …

2017.09.02付け「編集手帳」要約

辛抱強く向き合うことから始めては

2017年9月2日付け「編集手帳」要約 武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。 〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。 ようするに指導者には、バ …