編集手帳

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

投稿日:2018年1月28日 更新日:

2018年1月28日付け「編集手帳」要約

吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。
この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。
それに比べて、腰が据わらないのが希望の党だ。
現実的な安全保障政策を掲げ、政権への健全な対抗軸を目指したはずが、籐製低迷に引きずられて安全保障容認も反故にされそうだ。
批判を受け止めつつ、時間がかかろうとも、堂々と進む強さが求められるのに。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.03付け「編集手帳」要約

わかるかなぁ、わかんねぇだろうな

2018年11月3日付け「編集手帳」要約 〈おれがむかし夕焼けだったころ、弟は小焼けだった。 父さんは胸焼けで、母さんは霜焼けだった。わかるかなぁ〉。 「母さんは霜焼けだった」と言ったところで、目を潤 …

2018.06.06付け「編集手帳」要約

訴訟だということを忘れそうになる

2018年6月6日付け「編集手帳」要約 「聖護院八ッ橋総本店」が掲げる元禄2年創業。 それが虚偽だとして、別の老舗「井筒八ッ橋本舗」が表記の差し止めを求めて訴えたという。 どんな裁判になるのだろう。 …

2017.12.19付け「編集手帳」要約

検査の要は外見ではない

2017年12月19日付け「編集手帳」要約 学校ではもう「身体検査」とは言わないらしい。 だが「政治の世界では」、〈死語ならず「身体検査」生きゐたり今は健康診断と言ふ〉(伊藤一彦)。 今年の永田町界隈 …

2018.02.22付け「編集手帳」要約

人生の有為転変を一句一句歩んだ人

2018年2月22日付け「編集手帳」要約 俳壇のカリスマ敵存在だった金子兜太氏が98歳で亡くなった。 花鳥諷詠に背いて社会性を読む前衛俳句運動への貢献は広く知られるところだろう。 〈水脈の果て炎天の墓 …

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …