編集手帳

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

投稿日:2018年1月28日 更新日:

2018年1月28日付け「編集手帳」要約

吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。
この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。
それに比べて、腰が据わらないのが希望の党だ。
現実的な安全保障政策を掲げ、政権への健全な対抗軸を目指したはずが、籐製低迷に引きずられて安全保障容認も反故にされそうだ。
批判を受け止めつつ、時間がかかろうとも、堂々と進む強さが求められるのに。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.29付け「編集手帳」要約

小国とバカにされない結果がほしい

2018年5月29日付け「編集手帳」要約 世界経済に強く影響されるプーチン大統領。 日露首脳会談で、その人が自国経済にマイナスになりかねない決断をするのはいつの日のことだろう。 北方領土の返還である。 …

2018.01.07付け「編集手帳」要約

森林が社会にもたらす恩恵は何か

2017年1月7日付け「編集手帳」要約 手入れの行き届かぬ森林は、今や全国に広がる。 政府は整備費用に当てる森林環境税を2024年度の創設する方針だ。 森林面積に応じて自治体に配る。 無駄遣いだけは避 …

2018.04.15付け「編集手帳」要約

記憶という宝をどう生かすか

2018年4月15日付け「編集手帳」要約 『熊本明治震災日記』は水島日記とも呼ばれる。 地震の発生から一月の間、明治期の熊本がどんな混乱に陥ったか、被災者の目線で記してある。 生々しく詳密な記述が、ま …

2017.01.11付け「編集手帳」要約

末は博士か大臣か

『大人になったらなりたい職業』で男子の保育園児と小学生で「学者・博士」が2位となった。 前年8位からの急浮上という。 研究以外は目に入らない没頭ぶりは学者に共通する習性であり、魅力でもあろう。 そうい …

2018.03.25付け「編集手帳」要約

笑顔がゆっくりと列島を北上する

2018年3月25日付け「編集手帳」要約 東日本大震災の記憶を伝えるために、宮城県の主婦らが毎春、津波到達地点で浪速桜を植樹している。 寿命が長く土地に根付けば、1000年でも花を咲かせるのだという。 …