編集手帳

冷蔵庫の中に…、ちょっと気が急いた

投稿日:2018年1月27日 更新日:

2018年1月27日付け「編集手帳」要約

大相撲の初場所は13日目を終え1敗はジョージア出身の栃ノ心のみ。
初優勝に大きく近づいた。
新入幕の折には将来を嘱望されながら、けがに泣き幕下まで陥落した。
そこからはい上がっての優勝となれば、誰もが目を見張ることになるだろう。
かつて琴欧洲が活躍したとき、相撲部屋の冷蔵庫は故郷ブルガリアの名を冠するヨーグルトで満たされた。
ジョージアの飲料会社はどうするのだろう?
いけない。
ちょっと気が急いた。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2017.08.14付け「編集手帳」要約

我が故郷に危機は迫っていないか

2017年8月14日付け「編集手帳」要約 香港で大ヒットした『十年」の日本公開が始まった。 この都市の「2025年」を描いた、若手監督5人の短編からなる。 〈見慣れた風景の中で不穏な未来が描かれている …

2017.02.12付け「編集手帳」要約

悲惨でなく不快を選択した日米同盟

言葉巧みに擦り寄ることを「巧言令色」という。 日米同盟の列車に隣り合って座る、激情にかられ予測不能の人に、「剛毅木訥」で接しては危ない。 政治の要諦は“不快”と“悲惨”の選択にあるといわれる。 日米同 …

2017.07.16付け「編集手帳」要約

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

2017年7月16日「編集手帳」要約 文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。 遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。 ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部 …

2017.02.03付け「編集手帳」要約

誉められめい

下から読むのは言葉遊びのイロハ。 自分の名を下から読んだのは、歌人の“言葉の魔術師”塚本邦雄さんである。 〈鬼来とも勝つ〉。 きょうの節分、豆で追い払いたい鬼は人それぞれだろう。 明けてあすは立春であ …