編集手帳

カラフルな背中が春近しと思わせる

投稿日:2018年1月26日 更新日:

2018年1月26日付け「編集手帳」要約

千葉県立農業大学校が「飛べないテントウムシ」を商品化し、農家への販売を始めるという。
野菜作りに大敵なアブラムシを1日100匹ほおばる大食漢で、農薬代わりになる。
だが、きまぐれに飛んでどこかに消えてしまう難点を解決した。
羽を樹脂で固めると聞き凍りつきそうになるが、約2か月で溶け再び飛べるようになるのでご安心を。
今季最強の寒波が列島を覆う。
道草の中にカラフルな背中を探せば、春の歌が聞こえよう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.03付け「編集手帳」要約

置き忘れた時間を所蔵する場所

2017年6月3日付け「編集手帳」要約 愛知県が愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に模様替えするという。 虫、鳥、小川、薄暗い森、可愛いお化けたち…。 当たり前のように身のまわりにあった時は意識せず …

2017.06.19付け「編集手帳」要約

梅雨に梅仕事

2017年6月19日付け「編集手帳」要約 梅雨入りと前後して、梅の実が収穫期を迎える。 漬け込んだり、煮詰めたり、その滋養を存分に暮らしに取り込む作業を梅仕事という。 庭に梅の木のある家は減ったが、梅 …

2018.01.31付け「編集手帳」要約

「かなくりしそう」です

2018年1月31日付け「編集手帳」要約 姓の読みは西に行くほど濁らない傾向があるという。 来年の大河ドラマの主役モデルとなった「金栗四三」は、名字どころか名前も濁らないことが分かった。 波乱の人生を …

2017.04.15付け「編集手帳」要約

梅若の涙

2017年4月15日付け「編集手帳」要約 梅若伝説を人々は謡曲『隅田川』にして語り継いできた。 どの時代、どの親にとっても、身につまされる悲しい劇だったからにちがいない。 今年の「梅若忌」は、9歳の少 …

2017.12.29付け「編集手帳」要約

感染予防にマナーが問われる

2017年12月29日付け「編集手帳」要約 かつて「お染かぜ」と呼ばれていたインフルエンザ。 人気芝居の「お染久松」からきたとされ、流行の際、「お染御免」「久松留守」というお札が民家に掲げられた。 「 …