編集手帳

まがいものに見える戌年の平昌五輪

投稿日:2018年1月25日 更新日:

2018年1月25日付け「編集手帳」要約

戌年に開催される平昌五輪。
「戌」には打ち消しの否から転じた例があるといい、それをダブらせてしまう。
参加を決めた北朝鮮に譲歩しすぎだと、文在寅政権へ国内世論が批判が強まっている。
政府は平和への道というが、北朝鮮が態度を改めるきっかけとなるかどうか。
世論が厳しいのは、まがいもの外交成果にしか見えないからだろう。
安倍首相が五輪開会式の出席を決めた。
先方の大統領との会談で主張すべきは慰安婦問題をめぐり合意の履行にほかならない。
誠意で築いた合意を、一方の内政の都合でまがいもにされるのは悔しい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …

2017.05.12付け「編集手帳」要約

心の美醜も皮一重

2017年5月12日付け「編集手帳」要約 〈鉄面〉「公平剛直で権勢を恐れないこと」(『日本国語大辞典』小学館)。 それが〈鉄面皮〉と一文字を足すと、「恥を恥とも思わないこと」と早変わりするのだから言葉 …

2017.02.01付け「編集手帳」要約

心おきなく野球をしたかっただろう

17歳の時、ベーブルースのいる大リーグ選抜をなで斬りにし、 巨人で活躍し、27歳で戦死した沢村栄治。 きょうは沢村の生誕100年の日にあたる。 また、プロ野球春季キャンプが始まる日でもある。 心おきな …

2017.09.10付け「編集手帳」要約

頑張れ「ケイスケ」

2017年9月10日付け「編集手帳」要約 「ケイスケ」と聞いて真っ先に思い浮かぶ著名人は誰か。 平成になって物心ついた世代にとって、サッカーの本田圭佑選手らしい。 20代前半から31歳の今日まで代表チ …

2018.03.04付け「編集手帳」要約

どっぷりと湯につかりたい

2018年3月4日付け「編集手帳」要約 本白根山の噴火から一月余り、草津温泉はにぎわいを取り戻しつつある。 ただ、まだ本調子ではないらしい。 大地からとうとうとわき出る湯に古来、日本人は特別な思いを抱 …