編集手帳

しがらみがなかったか

投稿日:2018年1月24日 更新日:

2018年1月24日付け「編集手帳」要約

草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。
死傷者は十数人にのぼる。
草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。
観光や誘客というものがしがらんでいるとは思いたくはないが、どういうことだろう。
御嶽山の教訓がまるで生かされていない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.28付け「編集手帳」要約

だけどちっちゃいから

2018年2月28日付け「編集手帳」要約 童謡「サッちゃん」は、大人のファンが以外に多いといわれる。 それは、一〜三番に共通して出ていくる〈だけどちっちゃいから〉に秘密があるという。 いかに元気な子供 …

2018.11.11付け「編集手帳」要約

切り札が筒井さん

2018年11月11日付け「編集手帳」要約 作家の筒井康隆さんは、常に高度な実験に挑みつつ、大衆性を失わない。 その魅力を総括するのは難題で、ある意味実験的な催しと言えよう。 世田谷文学館で筒井康隆展 …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.11.02付け「編集手帳」要約

楽にお金を得ようとしてもいいことはない

2017年11月2日付け「編集手帳」要約 「おれは大勢の盗人を見てきたが、腹が減ったから盗みを働いた人間にはあったことがない。 盗むのは…働くよりも楽だからだ」(バック・シャッツ) 福岡市・天神で4月 …