編集手帳

しがらみがなかったか

投稿日:2018年1月24日 更新日:

2018年1月24日付け「編集手帳」要約

草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。
死傷者は十数人にのぼる。
草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。
観光や誘客というものがしがらんでいるとは思いたくはないが、どういうことだろう。
御嶽山の教訓がまるで生かされていない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.17付け「編集手帳」要約

隠し事で不信を招いてはならない

2017年3月17日付け「編集手帳」要約 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報。 統合幕僚監部の幹部が、保管していた事実を隠すように指示したという。 職務柄、明かすことのできない …

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …