編集手帳

しがらみがなかったか

投稿日:2018年1月24日 更新日:

2018年1月24日付け「編集手帳」要約

草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。
死傷者は十数人にのぼる。
草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。
観光や誘客というものがしがらんでいるとは思いたくはないが、どういうことだろう。
御嶽山の教訓がまるで生かされていない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.24付け「編集手帳」要約

新政権の大事な課題

2017年10月24日付け「編集手帳」要約 江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。 撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。 毛利家の藩主たちは批判に …

2018.06.16付け「編集手帳」要約

むなしくてやりきれない

2018年6月16日付け「編集手帳」要約 ザ・フォーク・クルセダーズの北山修さんが、精神科医に進んだ後メディアで見かけなくなった。 「顔が出ると、患者が私のことを話しているのかもと不安を招く」ため、撮 …

2018.09.05付け「編集手帳」要約

災害に立ち向かうとは逃げること

2018年9月5日付け「編集手帳」要約 【風潮】は、同形異義語であることが忘れ去らたかのような言葉だ。 かざしお、と読めば〈台風などのために起こる高潮〉の意味だ。 台風21号で高潮の被害にあった関西国 …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.06.27付け「編集手帳」要約

後手後手と打つヘボ碁打ち

2017年6月27日付け「編集手帳」要約 〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉 終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。 ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保っ …