編集手帳

しがらみがなかったか

投稿日:2018年1月24日 更新日:

2018年1月24日付け「編集手帳」要約

草津白根山が噴火し、スキー場に噴石が降り注いだ。
死傷者は十数人にのぼる。
草津町とスキー場は住民や観光客の避難誘導計画を策定していなかった。
観光や誘客というものがしがらんでいるとは思いたくはないが、どういうことだろう。
御嶽山の教訓がまるで生かされていない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.06付け「編集手帳」要約

役人としてもお父さんとしても…

2018年7月6日付け「編集手帳」要約 〈唐突だが/奈々子/おとうさんは お前に/多くを期待しないだろう/… お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ〉(吉野弘『奈々子に』) 文部科 …

2018.08.23付け「編集手帳」要約

小池さん恐るべし

2018年8月23日付け「編集手帳」要約 「オバQ」に登場する「小池さん」はいつも即席のラーメンを食べていた。 日清食品が世界初の即席麺チキンラーメンを発売して25日で60年を迎える。 かつては栄養が …

2017.06.19付け「編集手帳」要約

梅雨に梅仕事

2017年6月19日付け「編集手帳」要約 梅雨入りと前後して、梅の実が収穫期を迎える。 漬け込んだり、煮詰めたり、その滋養を存分に暮らしに取り込む作業を梅仕事という。 庭に梅の木のある家は減ったが、梅 …

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2018.05.20付け「編集手帳」要約

緑の大山脈を歩く喜び

2018年5月20日付け「編集手帳」要約 山崎豊子さんが先輩作家に当てた書簡の数々が初公開された。 34歳で直木賞を受賞したおりに「はげ山に一本一本、黄を植えていくような、いわば植林小説を書いていきた …