編集手帳

スコップよりシャベルが必要な日

投稿日:2018年1月23日 更新日:

2018年1月23日付け「編集手帳」要約

〈スコップはシャベルより小型のものをいうことが多いが、地方によって逆の場合もある〉(大辞泉)。
関東地方で今日あたり必要なものはシャベルと呼んだほうが良さそうである。
都会に雪が降ればいつものことだが、鉄道のダイヤが乱れ、滑って転び救急搬送される人が続出する。
そうした日に感心するのは市井の人の雪かきでである。
昨冬のこと、近所のコンビニの店主さんが自分の店の前ばかりか、両隣のマンションと学習塾の歩道まで出て雪かきをしていた。
その手に決して軽くない大きなシャベルがあった。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.25付け「編集手帳」要約

薩摩隼人が持ち込んだハヤトウリ

2017年6月25日付け「編集手帳」要約 薩摩隼人にちなんだ名前の野菜ハヤトウリ。 100年前、米大陸から籠島の人が持ち込んで栽培を試みたのが始まりだ。 原産地の中米では、生活に欠かせない農産物だが、 …

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2017.10.27付け「編集手帳」要約

本は好きですか

2017年10月27日付け「編集手帳」要約 江戸時代のすえごろ、日本では人の多く暮らすところ、貸本屋の行商が珍しくなく、本好きが争って読んでいた。 その後、印刷技術の技術が発達し、出版業が起こり、書店 …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …