編集手帳

スコップよりシャベルが必要な日

投稿日:2018年1月23日 更新日:

2018年1月23日付け「編集手帳」要約

〈スコップはシャベルより小型のものをいうことが多いが、地方によって逆の場合もある〉(大辞泉)。
関東地方で今日あたり必要なものはシャベルと呼んだほうが良さそうである。
都会に雪が降ればいつものことだが、鉄道のダイヤが乱れ、滑って転び救急搬送される人が続出する。
そうした日に感心するのは市井の人の雪かきでである。
昨冬のこと、近所のコンビニの店主さんが自分の店の前ばかりか、両隣のマンションと学習塾の歩道まで出て雪かきをしていた。
その手に決して軽くない大きなシャベルがあった。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.11付け「編集手帳」要約

てんでんばらばらな病院

2018年7月12日付け「編集手帳」要約 てんでんばらばらの「てんでん」は、否定的に使われる。 しかし、漁師町、銚子市には「てんでんしのぎ」という言葉が伝わる。 海の仕事は危険だ。 船員一人ひとりに「 …

2017.01.21付け「編集手帳」要約

無人島に羽生さんを持っていく

“神武以来の天才”と騒がれた、「加藤一二三」九段の引退が決まった。 それが報じられた翌日、「史上最年長勝利」の記録を更新している。 〈冬の牡丹の魂で咲く〉。 魂で咲く花は、まだ枯れていない。 「無人島 …

2018.06.27付け「編集手帳」要約

嫌がらせのデパート

2018年6月27日付け「編集手帳」要約 プロレスにもヘッドロックを欠ける際に、左腕を使うという紳士協定がある。 だが、停職処分となった明石市の元部長は、部下を平手打ちし、ヘッドロックをかけ、顔に殺虫 …

2017.07.24付け「編集手帳」要約

水中遺跡の保護の理解を

2017年7月24日付け「編集手帳」要約 日本には、387の水中遺跡が確認されている。 しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。 文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言 …

2018.03.15付け「編集手帳」要約

魂が実証の旅に出かけた

2018年3月15日付け「編集手帳」要約 ノーベル賞は実験で検証されるもののみ賞が与えられると伝えられる。 そんな理由から、この人に送られることはないだろう。 「車いすの宇宙物理学者」スティーブン・ホ …