編集手帳

ふるさとから受けた恩恵

投稿日:2018年1月18日 更新日:

2018年1月18日付け「編集手帳」要約

芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。
作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんどん進んだという。
ふるさとの復興の道を歩む人々を大いに励しただけでなく、63歳という年齢は、全国の中高年を励ます

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.10付け「編集手帳」要約

思い出遺産と名づけてみたい

2017年3月10日付け「編集手帳」要約 蚊取り線香など殺虫剤関連の歴史資料が、「化学遺産」に選ばれた。 あの渦巻きのお世話になったことのない人はいないだろう。 その匂いをかぐたびに、遠い日の家族の風 …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …

2017.02.12付け「編集手帳」要約

悲惨でなく不快を選択した日米同盟

言葉巧みに擦り寄ることを「巧言令色」という。 日米同盟の列車に隣り合って座る、激情にかられ予測不能の人に、「剛毅木訥」で接しては危ない。 政治の要諦は“不快”と“悲惨”の選択にあるといわれる。 日米同 …

2018.03.10付け「編集手帳」要約

ニッポン元気、オオサカいい街ネ

2018年3月10日付け「編集手帳」要約 1867年のパリ万博で、浅草の商品が出した茶屋が、現地新聞に「珍物の随一」と評され人気を集めた。 博覧会国際事務局に調査団が来日し視察した。 万博の候補地大阪 …

2017.03.27付け「編集手帳」要約

透けて見える手札

2017年3月27日付け「編集手帳」要約 柳広司さんの『ジョーカー・ゲーム』は普通のポーカーではない。 見物人を引き入れ敵の手札をサインで知らせてもらい、裏の裏まで読み合う。 〈情報が筒抜けなら、ゲー …