編集手帳

冬の香りを楽しみたい

投稿日:2018年1月14日 更新日:

2018年1月14日付け「編集手帳」要約

正月を締めくくるどんと焼き。
立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。
食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせなかった嗅覚。
今は、豊な暮らしに大きな役割を持つ。
「匂わずにいられない!」展で、感覚や感情を揺さぶる香りの作用など、奥深い嗅覚の世界を楽しみつつ学んだ。
年を取ると嗅覚は衰えると思われがちだが誤解が多いという。
気持ちを新たに、冬の香りを楽しみたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.11付け「編集手帳」要約

末は博士か大臣か

『大人になったらなりたい職業』で男子の保育園児と小学生で「学者・博士」が2位となった。 前年8位からの急浮上という。 研究以外は目に入らない没頭ぶりは学者に共通する習性であり、魅力でもあろう。 そうい …

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2018.01.10付け「編集手帳」要約

成人に見せたくない見世物が続く

2018年1月10日付け「編集手帳」要約 年初の夢に突如として人間のどろどろが染み出すかのような騒ぎが続く。 五輪の代表争いで、カヌーの選手がライバルの飲料に禁止薬物を入れていたことが発覚した。 成人 …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …