編集手帳

荒波にさらされてわかるもの

投稿日:2018年1月8日 更新日:

2018年1月8日付け「編集手帳」要約

アモス・オズさんが人間の二面性を表現した言葉がある。
〈だれもが半島だ。半分は大陸にくっついて、もう半分は大海に突き出ている〉
家族、友人、文化が大陸を形作る。
もう一方は海の方を向いて、自分一人でいたいと思う部分がある。
成人の日の今日は、晴れ着姿の若者が町を行く。
成人とは、自分がつながる〈大陸〉を自覚し、社会の荒波にさらされる覚悟をすることだろう。
荒波にさらされたとき、はじめて大陸の心地よさがわかる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.14付け「編集手帳」要約

秋時間の長短を体感する晩秋

2018年10月14日付け「編集手帳」要約 大人の一年は子供に比べて短いというジャネーノ法則。 先日の記事にもうそんな季節かとギョッとした。 京都・南座で師走の風物詩、「まねき書き」が披露されたという …

2017.10.03付け「編集手帳」要約

そろわないと選ばないというが…

2017年10月3日付け「編集手帳」要約 はるか昔、「選」という字には「えらぶ」のほか「そろえる」の意があったという。 選ぶ、そろえるーーこの二つの動詞の奇縁を思わざるを得ない。 衆院選公示を前に、希 …

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …

2017.02.14付け「編集手帳」要約

曇りの日に恋しい人

きょうは山本周五郎の没後50年の命日。 浮世の辛酸をなめて生きる市井の人々に慈愛のまなざしを向けつづけた人である。 あらゆる文学賞を固辞した。 不遇の人に読まれることが受賞にまさる誇りだったのかもしれ …