編集手帳

心を揺さぶられる色「朱」

投稿日:2018年1月5日 更新日:

2018年1月5日付け「編集手帳」要約

稲荷社の鳥居の「朱」
その語源は「明く」、夜がアク、日に染まった東方の色がアカであり、日の本の国にふさわしい色とも言える。
斎藤茂吉も帰国した際にこの色に心を揺さぶられた。
もっともこの色に魅せられるのは外国人も同じようだ。
京都伏見稲荷大社の朱色の鳥居のトンネルが訪日客に人気である。
きょう5日は大山祭が営まれる。
神職の後について神蹟を巡拝する青い目の人も多かろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.02付け「編集手帳」要約

やさしい10代がたくさんいる

2018年11月2日付け「編集手帳」要約 熟語には上と下の漢字がほぼ同じ意味を持つものが多い。 平らかであり、和かであり。 「平和」もこの連語の仲間だろう。 全国の中高生に平成の次の時代に求めることを …

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2018.11.19付け「編集手帳」要約

文字を紙などの物として残す意味

2018年11月19日付け「編集手帳」要約 文字こそが歴史を証言することは明白だ。 古代史を語る上で、「古事記」「日本書紀」の存在は圧倒的である。 文字情報はネットがあればいいという向きがある。 数百 …

2017.11.22付け「編集手帳」要約

戦争は嫌という表情は崩さない

2017年11月22日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領が、北朝鮮のテロ支援国家再指定に踏み切った。 何かの算段が隠れていることを願わずに入られない。 国際社会で一層孤立する北朝鮮が、どう反応して …

2018.08.05付け「編集手帳」要約

こころ揺さぶられる日々が始まる

2018年8月5日付け「編集手帳」要約 凛としてたたずむ漆喰のスコアボードは甲子園球場の顔だ。 それが潜水艦と呼ばれていた時代の艦長さんは、「私は高校野球の悲しいところだけしか見ていない」と言っていた …