編集手帳

コラムで応援の声を張りあげる

投稿日:2018年1月1日 更新日:

2018年1月1日付け「編集手帳」要約

元旦の紙面に向けて。
現実にはなかなか言えないひとことを、コラムで応援の声を張りあげるたい。
奮闘努力する人の姿を見れば、報われますようにと祈りたい。
くじけそうなら、頑張ってと励ましたい。
市井の悲喜こもごもに寄り添う「編集手帳」でありたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.23付け「編集手帳」要約

その人を誇りに思う

2017年5月23日付け「編集手帳」要約 WBAミドル級タイトルマッチで、有効打にまさる村田諒太選手がまさかの判定に敗れた。 WBAの会長みずから「ひどい判定」と認めた。 試合の翌日、村田選手はエンダ …

2017.02.25付け「編集手帳」要約

ゲームの音色はどう変わる

2017年2月25日付け「編集手帳」要約 巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。 阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。 敬 …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2017.03.06付け「編集手帳」要約

壁が早く取り払われることを願う

2017年3月6日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領は、施政方針演説で米国が世界に関与することが必要だと述べた。 孤立主義からの転換なら歓迎できるが、いまだに様々な「壁」の存在を伝えるニュースが続く …

2017.01.13付け「編集手帳」要約

偽情報の生命力や、恐るべし

天皇陛下が美智子さまにプロポーズした言葉、 「柳行李ひとつで来てください」は、誤りだった。 偽情報は人身深く根を下ろすものらしい。 ニュースの体裁を装って流布するネットの時代にはとりわけ厄介である。 …