編集手帳

感染予防にマナーが問われる

投稿日:2017年12月29日 更新日:

2017年12月29日付け「編集手帳」要約

かつて「お染かぜ」と呼ばれていたインフルエンザ。
人気芝居の「お染久松」からきたとされ、流行の際、「お染御免」「久松留守」というお札が民家に掲げられた。
「症状のある人はご遠慮を」とマナーを告げるものだったのだろう。
そのインフルエンザが各地で流行期に入った。
手洗いなど予防策も大切だが、専門家は咳やくしゃみのマナーが問われると言っている。
「感染」という言葉の語源は、まさかお染から?と思ったが、そういう資料は見つからなかった。
何かの偶然であるとしても、ふしぎでならない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.27付け「編集手帳」要約

鏡を責めて見目麗しくなった政権はない

2017年7月27日付け「編集手帳」要約 ありのままに映しだされると不愉快になり、遠ざければ遠ざけたで結果はもっと芳しくない。 鏡は時に厄介なものである。 権力にとってメディアの存在は鏡に似ているかも …

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …

2017.01.10付け「編集手帳」要約

同じ道をたどらないように祈る

田中角栄元首相の人物像にトランプ時期米大統領が重なる。 元首相は最小限の資料で自分なりの論理を立て、国会答弁を乗り切ったというが、 20日の就任を前に独自の勉強を重ね、準備を整えているように見られない …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …