編集手帳

感染予防にマナーが問われる

投稿日:2017年12月29日 更新日:

2017年12月29日付け「編集手帳」要約

かつて「お染かぜ」と呼ばれていたインフルエンザ。
人気芝居の「お染久松」からきたとされ、流行の際、「お染御免」「久松留守」というお札が民家に掲げられた。
「症状のある人はご遠慮を」とマナーを告げるものだったのだろう。
そのインフルエンザが各地で流行期に入った。
手洗いなど予防策も大切だが、専門家は咳やくしゃみのマナーが問われると言っている。
「感染」という言葉の語源は、まさかお染から?と思ったが、そういう資料は見つからなかった。
何かの偶然であるとしても、ふしぎでならない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.30付け「編集手帳」要約

世の中につけられた二つの名前

2018年6月30日付け「編集手帳」要約 暦の月替りを頼りにすれば、今日で1年の半分が終わる。 どんな半年だったか。 記憶をたどると、こと事件に関しては、ひと月もさかのぼらないうちに息切れしてしまう。 …

2017.07.16付け「編集手帳」要約

教訓、空振りを厭わぬ姿勢

2017年7月16日「編集手帳」要約 文学者で野鳥研究家の中西悟堂は雷が嫌いだった。 遠くで鳴り始めると、西荻窪から電車に乗り、新宿の地下道に逃げ込んだ。 ご苦労な話ではあるが、落雷を受け鯱の多くの部 …

2018.09.09付け「編集手帳」要約

備えれば最悪はきっと避けられる

2018年9月9日付け「編集手帳」要約 大自然の前で、人はどれほどちっぽけで無力化。 自明の理を改めて思い出す。 多数の犠牲者が出た痛ましい記憶などは意識の外にあるものだ。 けれど、その日が再び来ない …

2017.03.21付け「編集手帳」要約

春場所で邪気を払う

2017年3月21日付け「編集手帳」要約 大相撲春場所が湧いている、 新横綱の稀勢の里、新入幕の宇良と土俵をにぎわせている。 観戦をしていると、事件つづきでふさいだ心がやわらぐ。 力士の手形が江戸時代 …

2018.08.30付け「編集手帳」要約

扇風機一つでも寒い

2018年8月30日付け「編集手帳」要約 岐阜の病院で、高齢の入院患者5人が熱中症とみられる症状で亡くなった。 冷房が壊れ、病室には1台の扇風機が回っていただけだった。 暑さがまだ災害と呼ばれない時代 …