編集手帳

来年は第九の日本初演から100年

投稿日:2017年12月25日 更新日:

2017年12月25日付け「編集手帳」要約

師走の風物詩として定着した「歓喜の歌」。
1918年6月1日、坂東俘虜収容所でドイツ兵らにより日本初演が行なわれた。
この年の11月に第一次大戦終結、12月31日にドイツのライプチヒで、第九の演奏会が開かれた。
これが、年末の第九演奏の源流である。
「歓喜の歌」が示す友愛の精神とは逆に、壁を築こうとする潮流が勢いを得た1年だったが、音楽は人々をつなぎ、希望を与える。
来年、第九の日本初演から100年を迎える。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.30付「編集手帳」要約

どうかしている

2017年11月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。 日本海には最近、北の漁師が出漁している。 「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」 核 …

2018.04.21付け「編集手帳」要約

ナイスな雑草氏

2018年4月21日付け「編集手帳」要約 雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。 いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮 …

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …

2018.04.01付け「編集手帳」要約

悠々として急げ

2018年4月1日付け「編集手帳」要約 現代の会社と社員、上司と部下の間合いはひと昔前に比べ、桁違いに繊細になり、複雑化した。 新聞の「役職に興味がない4割」「退職 上司が原因5割」という見出しにたじ …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …