編集手帳

もっと顧みられてもよい人

投稿日:2017年12月24日 更新日:

2017年12月24日付け「編集手帳」要約

山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。
学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。
その教育方針は、自らを厳しく律して、人々に寄り添われる陛下の原点となったのではないか。
90歳で没するまで陛下を見守った。
平成の終わりに際して、もっと顧みられてよい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …

2017.12.08付け「編集手帳』要約

国際社会が震撼する公約の実行

2017年12月8日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領がまたひとつ公約を果たした。 「エルサレムをイスラエルの首都と認める」との宣言に、国際社会が震撼する。 中東和平が崩壊しないか、テロを誘発しない …

2017.02.22付け「編集手帳」要約

好奇心を内蔵した魔の写真機

2017年2月22日付け「編集手帳」要約 「魔の写真機」(マノシャシンキ)。 言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。 篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたと …

2017.10.06付け「編集手帳」要約

アメリカの現状

2017年10月6日付け「編集手帳」要約 〈建国の父たちとは本当に聡明な人々だったのだろうか〉と、問いかける。 建国当初の米国は、農民に借金と重税を負わせ、返済に苦しんだ農民の一揆が治安を揺るがした。 …

2018.07.16付け「編集手帳」要約

日本の4年後の奇跡を信じよう

2018年7月16日付け「編集手帳」要約 サッカーのワールド・カップに熱狂した今夏、奇跡という言葉によく突き当たった。 日本のコロンビア打倒を「小さな奇跡」と表現したり、ロシアの8強入りした粘りも奇跡 …