編集手帳

寂寥に涙したに違いない

投稿日:2017年12月23日 更新日:

2017年12年23日付け「編集手帳」要約

アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。
湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言することがなかった。
その理由は何だったのだろう。
二人共自らの学問がもたらした寂寥に涙したに違いない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …

2017.11.19付け「編集手帳」要約

時代錯誤も甚だしい

2017年11月19日付け「編集手帳」要約 先日トランプ米大統領が訪中した際、習近平主席は「太平洋は米中両国を受け入れるのに十分な大きさがある」と述べた。 米中主導でアジア太平洋の新秩序を気づくことを …

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2017.06.10付け「編集手帳』要約

日だまりのような時間が訪れるといい

2017年6月10日付け「編集手帳」要約 今上陛下が明治天皇以降、初めて恋ごころを歌に詠んだ。 〈もどり来し宮居の庭は春めきてが我妹と出でてふきのたう摘む〉 2003年、退院されたときのお歌である。 …

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …