編集手帳

寂寥に涙したに違いない

投稿日:2017年12月23日 更新日:

2017年12年23日付け「編集手帳」要約

アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。
湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言することがなかった。
その理由は何だったのだろう。
二人共自らの学問がもたらした寂寥に涙したに違いない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.07付け「編集手帳」要約

その人も身のまわりに集めてほしい

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏が、メキシコに工場を新設するトヨタ自動車を批判した。 例によって事実誤認と思い込みを織りまぜた極論である。 アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉が知られてい …

2018.07.30付け「編集手帳」要約

立場ある人がおとしめてどうする

2018年7月30日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇に、実は日本も一役買っていた。 JAXAの観測衛星「だいち2号」が、現地の精密な地形図を撮影してタイ政府に提供した …

2017.09.03付け「編集手帳」要約

未来の車像

2017年9月3日付け「編集手帳」要約 自動車が100年に1度の変革期を迎えているという。 2020年頃に実用化されるという現在の100倍のスピードの通信網の整備、 電子制御する部品が多いEVの進化で …

2018.04.13付け「編集手帳」要約

だれの隣にも希望がいる

2018年4月13日付け「編集手帳」要約 〈絶望の隣に/だれかがそっと腰かけた/絶望は/となりのひとにきいた/「あなたはいったいだれですか」/となりのひとはほほえんだ/「私の名前は希望です」〉 アンパ …

2017.11.05付け「編集手帳」要約

色々な形で古典にであうのもいい

2017年11月5日付け「編集手帳」要約 一見古びているようで、新しい。 それが古典の力というものだろう。 80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。 宮崎駿監督が同名映画の新作制 …