編集手帳

月で働く時代が近づく

投稿日:2017年12月22日 更新日:

2017年12月22日付け「編集手帳」要約

トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。
月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。
月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。
現実にはやれ覇権、やれ資源と生臭い感じがしないでもない。
だた、天空に夢を描き、わくわくする子どもたちの気持ちを忘れてはなるまい。
行くだけでなく、人類が月で働く時代が近づく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2017.03.14付け「編集手帳」要約

司法は世論を重んじてはいけない

2017年3月14日付け「編集手帳」要約 韓国の憲法裁判所が宣告した朴槿恵大統領の罷免。 法理より世論を重んじたとみる専門家が少なくない。 司法の独立とは、政治権力からの独立であると同時に、 大衆圧力 …

2018.09.07付け「編集手帳」要約

山の恵みを忘れそうになる

2018年9月7日付け「編集手帳」要約 北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。 多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。 山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。 未明 …

2018.12.18付け「編集手帳」要約

そんな理屈では納得できない

2018年12月18日付け「編集手帳」要約 理屈が分からなければ人は納得しない。 札幌市の不動産仲介業者店の入る建物が爆発、炎上した。 消臭スプレーに廃棄のために穴を開けて湯沸し器をつけたところ爆発し …

2017.07.30付け「編集手帳」要約

感謝される日もいずれは来る

2017年7月30日付け「編集手帳」要約 暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木陰で身を休める事が出来たのに、散々なこと言って木が怒るというイソップの寓話がある。 そのプラタナスが剪定や落ち葉の処理に手間が …