編集手帳

月で働く時代が近づく

投稿日:2017年12月22日 更新日:

2017年12月22日付け「編集手帳」要約

トランプ大統領が先ごろ、有人月探査を再開すると発表した。
月を周回する宇宙基地を作り、そこを足場に月に人を送り込む。
月探査には中国も並々ならぬ意欲を示す。
現実にはやれ覇権、やれ資源と生臭い感じがしないでもない。
だた、天空に夢を描き、わくわくする子どもたちの気持ちを忘れてはなるまい。
行くだけでなく、人類が月で働く時代が近づく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2018.03.03付け「編集手帳」要約

一緒に来ない列島の春を思う

2018年3月3日付け「編集手帳」要約 近畿、東海、関東で春一番が吹き、東京都心では最高気温が20.3度となった。 かと思えば、北海道や東北は低気圧の発達で暴風雪に見舞われている。 苫小牧市でエゾジカ …

2017.05.28付け「編集手帳」要約

日々の過ごし方に注意する時節

2017年5月28日付け「編集手帳」要約 5月最後の日曜日、五月病とは無縁で月を越せそうな新入生や新人社員も気は抜けない。 “六月病”がある。 日照時間が短く、湿度が高い6月に心身の不調が起きやすくな …

2017.02.22付け「編集手帳」要約

好奇心を内蔵した魔の写真機

2017年2月22日付け「編集手帳」要約 「魔の写真機」(マノシャシンキ)。 言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。 篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたと …

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …