編集手帳

1分半

投稿日:2017年12月21日 更新日:

2017年12月21日付け「編集手帳」要約

なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。
亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。
脱線すればどうなっていたか、福知山線事故を彷彿させ、寒気を覚えた方は多かろう。
この新幹線が定時運行にこだわったかどうかは定かではないが、
福知山線は〈1分半〉の遅れを取り戻そうとし、速度を出しすぎたのが脱線の原因だった。
1分半である。
同じ「JR西日本」という社名に、むなしさがよみがえる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.13付け「編集手帳」要約

抵抗するだけでなく強い意志を示せ

2018年5月13日付け「編集手帳」要約 抵抗や反対することではない。 自分はこう生きるのだと、強い意志を示すことが自由だと教わったーー。 京都大の学長を務めた西島安則さんの弁である。 京都大外の外周 …

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …