編集手帳

1分半

投稿日:2017年12月21日 更新日:

2017年12月21日付け「編集手帳」要約

なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。
亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。
脱線すればどうなっていたか、福知山線事故を彷彿させ、寒気を覚えた方は多かろう。
この新幹線が定時運行にこだわったかどうかは定かではないが、
福知山線は〈1分半〉の遅れを取り戻そうとし、速度を出しすぎたのが脱線の原因だった。
1分半である。
同じ「JR西日本」という社名に、むなしさがよみがえる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.07付け「編集手帳」要約

そっくり返ったドブ板

2017年4月7日付け「編集手帳」要約 「日なたのドブ板じゃないが、すぐそっくり返る…」 ドブ板選挙で、有権者一人ひとりに支持を訴え頭を下げに下げて当選すると、 いやに偉そうなドブ板になってしまう人が …

2017.12.23付け「編集手帳」要約

寂寥に涙したに違いない

2017年12年23日付け「編集手帳」要約 アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。 湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言す …

2017.09.09付け「編集手帳』要約

中露の及び腰がもどかしい

2017年9月9日付け「編集手帳」要約 黒田三郎の「紙風船」に無粋な連想をお詫びする。 幾度となく打ち上げて、射程を伸ばし、精度を上げてきたミサイル。 かの国のきょうは建国記念日だという。 この日に合 …

2017.03.04付け「編集手帳」要約

果し状の相手が違っている

2017年3月4日付け「編集手帳」要約 「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。 “三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。 みんなで決めたことで、「私だ …

2017.07.20付け「編集手帳」要約

色鮮やかに感じられない梅雨明け

2017年7月20日付け「編集手帳」要約 きのう、西は中国、四国から、東は関東甲信の各地方にかけて、梅雨が明けた。 例年であれば、白波五人男『浜松屋店先の場』の弁天小僧が片肌を脱ぐ場面のように、色彩の …