編集手帳

腕力と知恵を兼ね備えた外来種

投稿日:2017年12月13日 更新日:

2017年12月13日付け「編集手帳」要約

草原で草を刈り取っているとき、野の果てを見ると、誰だって嫌になる。
北米原産のアメリカザリガニにはその開拓精神が満ちているのかもしれない。
水草を自らのハサミで刈り取る習性があるそうだ。
餌となる虫を見つけやすくするためだという。
「田園の生態系の破壊者」と言われて久しい。
残念ながら、この外来生物は腕力に加えて、知恵も兼ね備えるらしい。
生まれながらにして草原の果ては見ない性格でもあろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.21付け「編集手帳」要約

1分半

2017年12月21日付け「編集手帳」要約 なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。 亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。 脱線すればどうなっていたか、 …

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …

2017.09.18付け「編集手帳』要約

中国はバトンパスを誤るな

2017年9月18日付け「編集手帳」要約 バトンパスは、個々の走者の走力を上回る結果を生むこともあれば、減速や失格のリスクも潜む。 中国の最高指導部を刷新する、5年に1度の共産党大会の開幕が1か月後に …

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2017.12.24付け「編集手帳」要約

もっと顧みられてもよい人

2017年12月24日付け「編集手帳」要約 山梨勝之進は昭和天皇が一番篤く信任された人物だ。 学習院院長として、皇太子自代の天皇陛下の養育に精魂を傾けたことも新任を得た所以だろう。 その教育方針は、自 …