編集手帳

腕力と知恵を兼ね備えた外来種

投稿日:2017年12月13日 更新日:

2017年12月13日付け「編集手帳」要約

草原で草を刈り取っているとき、野の果てを見ると、誰だって嫌になる。
北米原産のアメリカザリガニにはその開拓精神が満ちているのかもしれない。
水草を自らのハサミで刈り取る習性があるそうだ。
餌となる虫を見つけやすくするためだという。
「田園の生態系の破壊者」と言われて久しい。
残念ながら、この外来生物は腕力に加えて、知恵も兼ね備えるらしい。
生まれながらにして草原の果ては見ない性格でもあろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.13付け「編集手帳」要約

平凡は妙手にまさる

2017年3月13日付け「編集手帳」要約 大山康晴15世名人は住民票を終生、倉敷に残した。 郷里に住民税を納めたかったからという。 ふるさと納税は、その気持ちを制度にしたものだろう。 だが、返礼品が人 …

2018.11.11付け「編集手帳」要約

切り札が筒井さん

2018年11月11日付け「編集手帳」要約 作家の筒井康隆さんは、常に高度な実験に挑みつつ、大衆性を失わない。 その魅力を総括するのは難題で、ある意味実験的な催しと言えよう。 世田谷文学館で筒井康隆展 …

2017.05.18付け「編集手帳」要約

誠実で心優しく、似合いのお二人

2017年5月18日付け「編集手帳」要約 秋篠宮ご夫婦の長女、眞子さま(25)との「婚約」が報じられた。 そのお相手の小室圭さん(25)が、「お待ちいただき申し訳ございません」。 と、職場の前で待ち構 …

2018.02.27付け「編集手帳」要約

不詳、今頃になって気づく

2018年2月27日付け「編集手帳」要約 部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。 スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。 いずれ地域や保護 …

2018.08.03付け「編集手帳」要約

入試の看板の下で何が起こっている

2018年8月3日付け「編集手帳」要約 東京医科大学は、いい医者を育てようという考えは二の次らしい。 女子の一次試験を一律に減点していた。 「女子は結婚や出産で離職することが多く、系列病院が人手不足に …