編集手帳

腕力と知恵を兼ね備えた外来種

投稿日:2017年12月13日 更新日:

2017年12月13日付け「編集手帳」要約

草原で草を刈り取っているとき、野の果てを見ると、誰だって嫌になる。
北米原産のアメリカザリガニにはその開拓精神が満ちているのかもしれない。
水草を自らのハサミで刈り取る習性があるそうだ。
餌となる虫を見つけやすくするためだという。
「田園の生態系の破壊者」と言われて久しい。
残念ながら、この外来生物は腕力に加えて、知恵も兼ね備えるらしい。
生まれながらにして草原の果ては見ない性格でもあろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.09付け「編集手帳」要約

天から送られた手紙

2018年2月9日付け「編集手帳」要約 「雪は天から送られた手紙である」 世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した物理学者、中谷宇吉郎の言葉である。 雪についてありとあらゆる研究をした博士の目 …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …

2018.05.06付け「編集手帳」要約

お休み、大丈夫ですか?

2018年5月6日付け「編集手帳」要約 休日の分散はなかなか難しく、浮かんでは消えるを繰り返す課題ではある。 今年度からはキッズウィークの取組が始まる。 学校の休みを分散し、親の有給休暇取得を促す狙い …

2017.11.30付「編集手帳」要約

どうかしている

2017年11月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。 日本海には最近、北の漁師が出漁している。 「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」 核 …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …