編集手帳

真実にかぶさるほこりを払え

投稿日:2017年12月12日 更新日:

2017年12月12日付け「編集手帳」要約

江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。
相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。
鳥取県警が書類送検し、捜査は一つの区切りを迎えた。
依然すっきりしないのは、貴ノ岩が口をつぐんだままでいることに尽きよう。
真実にかぶさるほこりを払えるのは貴ノ岩その人しかあるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.04付け「編集手帳」要約

安心して家族連れで来館下さい

2018年8月4日付け「編集手帳」要約 墨田区の「すみだ北斎美術館」。 今週、会館2年足らずで入館者が50万人を超えた。 夏休みに入り、子どもたちの見学も後押しした。 そこには「北斎漫画」「富獄三十六 …

2018.11.24付け「編集手帳」要約

う〜ん、分からない

2018年11月24日付け「編集手帳」要約 論理の流れをはっきりさせる。 ぼかした表現を避ける。 できるだけ短い分で構成する。 「理科系の作文術」にある明快な文書を書く心得である。 その対極にあるのが …

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …

2018.09.20付け「編集手帳」要約

意欲が戻る時間も相対的だ

2018年9月20日付け「編集手帳」要約 西脇市の美術館職員が制作資材を運ぶのに30分遅刻し、横尾忠則さんを怒らせた。 「創作意欲が失われた」と立ち去り、展覧会も延期する事態となった。 西脇出身の横尾 …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …