編集手帳

どうかしている

投稿日:2017年11月30日 更新日:

2017年11月30日付け「編集手帳」要約

北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。
日本海には最近、北の漁師が出漁している。
「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」
核・ミサイル開発に巨費を投じる一方、そのツケで国民を飢えさせるばかりか、死の海に追い立て、ミサイルを落とすこともいとわない。
どうかしている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2018.04.29付け「編集手帳」要約

すさまじい勢いで広がる見聞録

2018年4月29日付け「編集手帳」要約 碾茶生産で国内トップの和束町は緑の畝が延々と続き、茶源郷と銘打ってPRする。 この明媚な景観を目当てに、昨年度は海外から4000人余りが訪れた。 抹茶の甘みが …

2018.07.14付け「編集手帳」要約

「ご安全に」の掛け声が足りない

2018年7月14日付け「編集手帳」要約 「ご安全に」というあいさつは、建設会社や電力会社などで定着している。 ダムの管理現場ではどうなのだろう。 西日本豪雨でダムのあり方が問われている。 放流で急激 …

2017.07.07付け「編集手帳」要約

“命”という一文字が胸に痛い七夕

2017年7月7日付け「編集手帳」要約 耳で聞いて、すぐには漢字が思いつかないときがある。 七夕の前日に降る雨「洗車雨」を「戦車雨」と浮かんだことがある。 5日から九州北部を襲った記録的な豪雨は、まさ …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …