編集手帳

その国名が変わらないことを祈る

投稿日:2017年11月25日 更新日:

2017年11月29日付け「編集手帳」要約

『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。
「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもしれない」
その国名が、いつ日本に変わらないとも限らない。
神戸製鋼所に続き、三菱マテリアルでも検査データの不正が発覚した。
日本の素材メーカー全体の信用低下もさることながら、万が一にも人命にかかわる事故を招くことがないよう祈るばかりである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.11付け「編集手帳」要約

くそー、一足遅かったかあ

2018年10月11日付け「編集手帳」要約 国際刑事警察機構(ICPO)には、「銭形警部」のような刑事はいない。 国際指名手配、情報の収集が主な仕事である。 中国人初のICPO総裁、猛氏が一時消息不明 …

2018.05.16付け「編集手帳」要約

今度は目立たないおとなしい子

2018年5月16日付け「編集手帳」要約 新潟市の大桃珠生ちゃんの家族の悲しみは、容疑者が逮捕されたとはいえ日ごとつのるに違いない。 平穏な日々のなかにいつの間にか悪意が潜み、それがある日突然おもてに …

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2018.09.09付け「編集手帳」要約

備えれば最悪はきっと避けられる

2018年9月9日付け「編集手帳」要約 大自然の前で、人はどれほどちっぽけで無力化。 自明の理を改めて思い出す。 多数の犠牲者が出た痛ましい記憶などは意識の外にあるものだ。 けれど、その日が再び来ない …