編集手帳

その国名が変わらないことを祈る

投稿日:2017年11月25日 更新日:

2017年11月29日付け「編集手帳」要約

『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。
「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもしれない」
その国名が、いつ日本に変わらないとも限らない。
神戸製鋼所に続き、三菱マテリアルでも検査データの不正が発覚した。
日本の素材メーカー全体の信用低下もさることながら、万が一にも人命にかかわる事故を招くことがないよう祈るばかりである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.19付け「編集手帳」要約

時代錯誤も甚だしい

2017年11月19日付け「編集手帳」要約 先日トランプ米大統領が訪中した際、習近平主席は「太平洋は米中両国を受け入れるのに十分な大きさがある」と述べた。 米中主導でアジア太平洋の新秩序を気づくことを …

2018.08.11付け「編集手帳」要約

あのラストシーンがまぶたに浮かぶ

2018年8月11日付け「編集手帳」要約 今週、ロバート・レッドフォード氏の引退の報が伝わった。 映画で共演したポール・ニューマンとの友情は銀幕にとどまるものではなかったと聞く。 その盟友の死去から来 …

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …

2017.05.06付け「編集手帳」要約

もうひと頑張りお願いしたい

2017年5月6日付け「編集手帳」要約 高速道路の渋滞で、夜の下り線を埋め尽くすテールランプには悲壮感が漂う。 技術革新が進み、自動運転や観光バスのギアがオートマチックになると、赤いテールランプのイメ …