編集手帳

手軽な写真との違いを生み出す努力

投稿日:2017年11月27日 更新日:

2017年11月27日付け「編集手帳」要約

写真家、橋口譲二さんの作品。
若者から老人まで様々な年代の市井の人々が風景の中にいる。
見ている方の背筋が伸びるような真面目さが伝わってくる。
見知らぬカメラマンに出会い、しばし語らい、レンズに向かう。
「彼らも、この時間は二度と来ない、と感じるんじゃないかな。だから笑わない」

感情が高まり〈胸がぐっと詰まる〉状態では笑顔になれないという。
手軽にスマホで撮影できる時代でも、深みのある1枚を生み出すためには努力がいるのだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.23付け「編集手帳」要約

この「だまし屋」はいけない

2017年11月23日付け「編集手帳」要約 昭和の半ばに見かけた「だまし屋」 その公演チラシには、出演者が美空いばり、橋雪夫とどこか愛嬌があった。 だが、これはお客様から「だまし屋」のそしりは免れまい …

2017.11.05付け「編集手帳」要約

色々な形で古典にであうのもいい

2017年11月5日付け「編集手帳」要約 一見古びているようで、新しい。 それが古典の力というものだろう。 80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。 宮崎駿監督が同名映画の新作制 …

2017.08.13付け「編集手帳」要約

夏の風物詩、「怪談のたぐい」

2017年8月13日付け「編集手帳」要約 昔の消夏法は下町の縁台で「怪談のたぐいの話」を聞くことだった。 たが、クーラーの普及が進み私たちの生活の中から〈怪談〉が消えてしまった。 冷房が普及していなく …

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2017.08.08付け「編集手帳」要約

“様”の一字を美しく書き添えた人

2017年8月8日付け「編集手帳」要約 気象キャスターの草分けでエッセイストの倉島厚さんが93歳で亡くなった。 その語り口から、美しい日本の四季に添えられた“様”の一字を感じ取った方は多かろう。 〈日 …