編集手帳

手軽な写真との違いを生み出す努力

投稿日:2017年11月27日 更新日:

2017年11月27日付け「編集手帳」要約

写真家、橋口譲二さんの作品。
若者から老人まで様々な年代の市井の人々が風景の中にいる。
見ている方の背筋が伸びるような真面目さが伝わってくる。
見知らぬカメラマンに出会い、しばし語らい、レンズに向かう。
「彼らも、この時間は二度と来ない、と感じるんじゃないかな。だから笑わない」

感情が高まり〈胸がぐっと詰まる〉状態では笑顔になれないという。
手軽にスマホで撮影できる時代でも、深みのある1枚を生み出すためには努力がいるのだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.28付け「編集手帳」要約

寡黙な花に男泣きがよく似合う

2017年3月28日付け「編集手帳」要約 人は以前ほど泣かなくなった。 教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、 泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。 大相撲春場所で負傷を押して強行出 …

2018.03.06付け「編集手帳」要約

均等に分けることが美徳と言えない

2018年3月6日付け「編集手帳」要約 均等に分け合うことを良しとする美徳がわれわれの心に染みついている。 そう思う習慣のせいで、いつも談合事件の報を聞くと戸惑う。 だが、子細が判明するにつれ迷わなく …

2018.02.21付け「編集手帳」要約

何かをして罪を感じない心とは?

2018年2月21日付け「編集手帳」要約 ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。 「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている …

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …

2018.02.19付け「編集手帳」要約

雪や氷の苦労は減らしたい

2018年2月19日付け「編集手帳」要約 かつて、積雪地では馬そりが活躍した。 今は、除雪車が整備され雪が降っても自動車でどこへでも行ける。 だが、除雪車を運転するには熟練が必要であり、出勤は深夜や早 …