編集手帳

手軽な写真との違いを生み出す努力

投稿日:2017年11月27日 更新日:

2017年11月27日付け「編集手帳」要約

写真家、橋口譲二さんの作品。
若者から老人まで様々な年代の市井の人々が風景の中にいる。
見ている方の背筋が伸びるような真面目さが伝わってくる。
見知らぬカメラマンに出会い、しばし語らい、レンズに向かう。
「彼らも、この時間は二度と来ない、と感じるんじゃないかな。だから笑わない」

感情が高まり〈胸がぐっと詰まる〉状態では笑顔になれないという。
手軽にスマホで撮影できる時代でも、深みのある1枚を生み出すためには努力がいるのだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.31付け「編集手帳」要約

「かなくりしそう」です

2018年1月31日付け「編集手帳」要約 姓の読みは西に行くほど濁らない傾向があるという。 来年の大河ドラマの主役モデルとなった「金栗四三」は、名字どころか名前も濁らないことが分かった。 波乱の人生を …

2017.02.27付け「編集手帳」要約

両国の関係を善導したい

2017年2月27日付け「編集手帳」要約 外交評論家の清水洌は、 米国による移民排斥を目の当たりにしても、日米協調の重要さを訴えた。 〈時々にみる米国および米国人の傍若無人の態度に甚だしき不満を覚えな …

2017.11.05付け「編集手帳」要約

色々な形で古典にであうのもいい

2017年11月5日付け「編集手帳」要約 一見古びているようで、新しい。 それが古典の力というものだろう。 80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。 宮崎駿監督が同名映画の新作制 …

2017.11.10付け「編集手帳」要約

「暴追に成功した街」となればいい

2017年11月10日付け「編集手帳」要約 北九州市で暴追運動の先頭に立つ人の家が銃撃された事件で関係者が逮捕された。 暴追運動の三原則「利用しない」「恐れない」「金を出さない」のうち二番目が一番難し …

2017.03.04付け「編集手帳」要約

果し状の相手が違っている

2017年3月4日付け「編集手帳」要約 「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。 “三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。 みんなで決めたことで、「私だ …