編集手帳

味わいを末永く楽しむため

投稿日:2017年11月26日 更新日:

2017年11月26日付け「編集手帳」要約

大西洋のクロマグロは、乱獲で激減したが、その後の各国で漁を減らし数が回復した。
一方、太平洋では今も現象が深刻だ。
大西洋からの供給が戻るうちに、太平洋で厳格な漁獲制限ができないものか。
食通の池波正太郎さんは、すし店でのマナーとして「トロばっかり食べているやつも駄目」と説く。
とろけるような味わいを末永く楽しむための食し方が、消費者にも求められる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.12付け「編集手帳」要約

プロ野球の恩人のひとり

晩年のビクトル・スタルヒンから本塁打を打った故・豊田泰光さんが叱られた。 豪速球で満天下を魅了したスタルヒンが、対戦相手でさえ敬意を払わずに入られない功労者であったことが分かる。 日本のプロ野球界を今 …

2017.02.11付け「編集手帳」要約

〈東風解凍〉、もうひと踏ん張りだ

天神さま、菅原道真。 早熟の天才児、政争の敗残者というふたつの面影を花に映じた、梅の人である。 七十二侯のひとつ〈東風解凍(はるかぜこおりとく)〉。 「東風」に縁の深い学問の神様が、受験生を励ましてい …

2017.02.28付け「編集手帳」要約

俺たちの明日は濃い霧の中

2017年2月28日付け「編集手帳」要約 『俺たちに明日はない』という“超訳”は、邦題の名作である。 その主役を演じたウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイがアカデミー賞のプレゼンターを務めた。 司 …

2017.08.01付け「編集手帳」要約

稲葉ジャンプに震える日を待つ

2017年8月1日付け「編集手帳」要約 えにしの糸とは不思議なもである。 稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。 うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。 プロ …

2018.12.23付け「編集手帳」要約

お忍び楽しむ姿を夢想する

2018年12月23日付け「編集手帳」要約 平成最後の天皇誕生日、陛下がたどられた曲折の道を改めて思う。 過去のおことばには重責の二文字がにじむ。 慰霊のためや被災者の激励のために方々に足を運ばれた。 …