編集手帳

赤にのみ込まれるようでは困る

投稿日:2017年11月24日 更新日:

2017年11月24日付け「編集手帳」要約

きょうは「ブラックフライデー」、感謝祭の翌日の金曜日のことで年末商戦の幕開けを告げる。
小売店の黒字が膨らむことからこうよばれるらしい。
この黒字の金曜日に先駆けて、トランプ米大統領が中国を訪れて28兆円の商談をまとめた。
その配慮からか、中国の海洋進出や、人権問題にほとんど触れなかった。
米国が対中貿易赤字を減らした分だけ、アジアや世界が真っ赤な勢力圏にのみ込まれるようでは困る。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.21付け「編集手帳」要約

変わっていく高校野球

2017年9月21日付け「編集手帳」要約 高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。 1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前 …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2017.08.01付け「編集手帳」要約

稲葉ジャンプに震える日を待つ

2017年8月1日付け「編集手帳」要約 えにしの糸とは不思議なもである。 稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。 うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。 プロ …

2018.05.20付け「編集手帳」要約

緑の大山脈を歩く喜び

2018年5月20日付け「編集手帳」要約 山崎豊子さんが先輩作家に当てた書簡の数々が初公開された。 34歳で直木賞を受賞したおりに「はげ山に一本一本、黄を植えていくような、いわば植林小説を書いていきた …

2017.10.03付け「編集手帳」要約

そろわないと選ばないというが…

2017年10月3日付け「編集手帳」要約 はるか昔、「選」という字には「えらぶ」のほか「そろえる」の意があったという。 選ぶ、そろえるーーこの二つの動詞の奇縁を思わざるを得ない。 衆院選公示を前に、希 …