編集手帳

赤にのみ込まれるようでは困る

投稿日:2017年11月24日 更新日:

2017年11月24日付け「編集手帳」要約

きょうは「ブラックフライデー」、感謝祭の翌日の金曜日のことで年末商戦の幕開けを告げる。
小売店の黒字が膨らむことからこうよばれるらしい。
この黒字の金曜日に先駆けて、トランプ米大統領が中国を訪れて28兆円の商談をまとめた。
その配慮からか、中国の海洋進出や、人権問題にほとんど触れなかった。
米国が対中貿易赤字を減らした分だけ、アジアや世界が真っ赤な勢力圏にのみ込まれるようでは困る。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.05付け「編集手帳」要約

火の用心の季節

2017年3月5日付け「編集手帳」要約 火事の99%は人の不注意で起こる…。 しかし、人間は〈過失の動物〉でもある。 だが、この過失は努力によって軽減し得る。 その努力が正しく続けているか、点検する頃 …

2018.04.02付け「編集手帳」要約

両者のにらみ合いから目が離せない

2018年4月2日付け「編集手帳」要約 かつて鄧小平は理屈より現実を重んじる「白猫黒猫論」を語った。 そのためか、中国は動物で言うとパンダに例えられる。 「米国第一」をとなえるトランプ米大統領にとって …

2018.04.04付け「編集手帳」要約

何とも不思議だ

2018年4月4日付け「編集手帳」要約 「土佐日記」は千年前の様子が書き留められ、今も受け継がれている日記である。 だが、現代にはいともあっさり行方不明になる日記がある。 国会で「ない」とされていた陸 …

2017.08.20付け「編集手帳」要約

人を第一に考えた経知を貫いた人

2017年8月20日付け「編集手帳」要約 倹約の美学を貫いた実業家の訃報が届いた。 吉本晴彦さんである。 「ケチとしぶちんは違う。経済の知恵、経知と書いてケチと読む。 出すときには出し、死に金にしない …

2018.01.03付け「編集手帳」要約

本と読者の出会いにつながるといい

2018年1月3日付け「編集手帳」要約 いまは思う存分、本を読む時間はなかなかとれない。 だが、タレントがテレビで紹介した本が緊急増刷されるということがある。 きっかけがあれば良書を手に取る人は多いと …