編集手帳

この「だまし屋」はいけない

投稿日:2017年11月23日 更新日:

2017年11月23日付け「編集手帳」要約

昭和の半ばに見かけた「だまし屋」
その公演チラシには、出演者が美空いばり、橋雪夫とどこか愛嬌があった。
だが、これはお客様から「だまし屋」のそしりは免れまい。
首都圏の不動産会社42社が実際に契約できない「おとり物件」を閲覧させ、サイトへの掲載停止措置を受けた。
〈お客様、そんなお部屋はありません あれば住みますこのわたくしが〉
どの店も、こうあってほしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.16付け「編集手帳」要約

這っても黒豆

2017年11月16日付け「編集手帳」要約 【這っても黒豆】ということわざがあるが、この「黒」はどうなのだろう? 大阪府立高校の女子生徒が訴訟を起こした。 生まれつき茶色の髪を学校に無理やり黒く染めら …

2017.09.04付け「編集手帳」要約

括弧書きで伝える時代の風

2017年9月4日付け「編集手帳」要約 昭和天皇の五女、清宮さまの成人の記者会見で「私が選んだ人を見ていただきます」と発言した。 その様子を本誌記事は、(平然と…)というように括弧書きでその様子まで伝 …

2018.03.26付け「編集手帳」要約

何を隠そうとしたのか

2018年3月26日付け「編集手帳」要約 日本軍の隠退蔵物資事件解明のため、どんな人でも呼び、証言を求めることができる法律を作った。 証人喚問を定めた議員証言法だ。 佐川宣寿・前国税庁長官があす証人喚 …

2017.01.22付け「編集手帳」要約

就任式が告別式に変わった

ドナルド・トランプ氏が「米国第一」を宣言したとき、 大統領就任式は告別式に変わった。 米国の高遇な理想主義と使命感が死んだ。 地球を見渡すことを捨て、目先の雇用優先主義にひた走る。 厄介な時代の幕開け …

2017.10.17付け「編集手帳」要約

丸く収まる方法

2017年10月17日付け「編集手帳」要約 単行本から文庫へという従来の手順を踏まず、同時に発売された。 同じ新刊が廉価で変えるのはうれしいにしても、出版社にどんな利点があるのだろう。 出版業界では年 …