編集手帳

この「だまし屋」はいけない

投稿日:2017年11月23日 更新日:

2017年11月23日付け「編集手帳」要約

昭和の半ばに見かけた「だまし屋」
その公演チラシには、出演者が美空いばり、橋雪夫とどこか愛嬌があった。
だが、これはお客様から「だまし屋」のそしりは免れまい。
首都圏の不動産会社42社が実際に契約できない「おとり物件」を閲覧させ、サイトへの掲載停止措置を受けた。
〈お客様、そんなお部屋はありません あれば住みますこのわたくしが〉
どの店も、こうあってほしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.26付け「編集手帳」要約

初めっから逃げることにする

2018年7月26日付け「編集手帳」要約 〈いずれ駄目になることが分かっていて、それでも破滅からいかに逃れるかというテーマに積極的に向き合わなければならない〉(「私の社会復帰」阿佐田哲也) 先ごろ国会 …

2017.02.05付け「編集手帳」要約

心に日の差す時間が延びるといい

名のみの春ともいうが、日は長くなった。 そのように、人の心に日の差す時間も延びているといい。 「ただ寂しい」。 熊本地震で被災し、借家の「みなし仮説」に独り暮らす70歳の女性の言葉である。 被災者の孤 …

2017.01.27付け「編集手帳」要約

“□溶性”の空欄が埋まるといい

何の業種であれ、仕事に疲労はつきものである。 〈精神の疲労はアルコールを求め、肉体の疲労は甘みを求める〉。 疲労にも“酒溶性”や“糖溶性”の種類があるらしい。 その人の場合は“□溶性”、空欄だったよう …

2018.09.30付け「編集手帳」要約

古の人の感性に改めて感じ入る

2018年9月30日付け「編集手帳」要約 日本古来の刀剣の二つ名には、優秀な宣伝マンでもひねり出せないものがある。 「髭切」、「五虎退」、「圧切長谷部」。 京都博物館で始まった「京のかたな」展では名刀 …

2017.11.16付け「編集手帳」要約

這っても黒豆

2017年11月16日付け「編集手帳」要約 【這っても黒豆】ということわざがあるが、この「黒」はどうなのだろう? 大阪府立高校の女子生徒が訴訟を起こした。 生まれつき茶色の髪を学校に無理やり黒く染めら …