編集手帳

この「だまし屋」はいけない

投稿日:2017年11月23日 更新日:

2017年11月23日付け「編集手帳」要約

昭和の半ばに見かけた「だまし屋」
その公演チラシには、出演者が美空いばり、橋雪夫とどこか愛嬌があった。
だが、これはお客様から「だまし屋」のそしりは免れまい。
首都圏の不動産会社42社が実際に契約できない「おとり物件」を閲覧させ、サイトへの掲載停止措置を受けた。
〈お客様、そんなお部屋はありません あれば住みますこのわたくしが〉
どの店も、こうあってほしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.04付け「編集手帳」要約

猫にごはん派は名乗りを上げて

2018年9月4日付け「編集手帳」要約 行政にはいつからか、「ノネコ」と称する区分ができたらしい。 人里で暮らしていた野良猫が、山に入り野生化してものをそう名づけたという。 奄美大島で希少性物を食い荒 …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2017.12.05付け「編集手帳」要約

落ちが見えそうで見えない長い話

2017年12月5日付け「編集手帳」要約 上方落語『三年酒』に「おねおねの佐助さん」という珍しい特技を持つ人物が登場する。 現場が大阪のせいか、国会での政府答弁に佐助さんがだぶらないでもない。 国有地 …

2018.07.29付け「編集手帳」要約

牛より丑がやっぱり恋しい

2018年7月29日付け「編集手帳」要約 土用の丑の日はウシを食べよう! 高騰し続ける一方のウナギの価格に、ウシつながりに賭けた飲食店や百貨店があったとか。 来年の国際会議での議論次第でニホンウナギの …

2017.11.02付け「編集手帳」要約

楽にお金を得ようとしてもいいことはない

2017年11月2日付け「編集手帳」要約 「おれは大勢の盗人を見てきたが、腹が減ったから盗みを働いた人間にはあったことがない。 盗むのは…働くよりも楽だからだ」(バック・シャッツ) 福岡市・天神で4月 …