編集手帳

色々な形で古典にであうのもいい

投稿日:2017年11月5日 更新日:

2017年11月5日付け「編集手帳」要約

一見古びているようで、新しい。
それが古典の力というものだろう。
80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。
宮崎駿監督が同名映画の新作制作に取り組んでいることを公表した。
大人になる前の子どもたちが「人生いかに生きるべきか」と悩む。
それは今も昔も変わらない。
いや、先の見えないいの今のような時代だからこそ、この本の出番だ。
そんな直感があったのではないか。
こんな形で古典にであうのもすてきなことだろう。
9日までは読書週間だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.04付け「編集手帳」要約

いまもかなり変

2016年6月4日付け「編集手帳」要約 戦前の昭和には、縁談相手の成績を学校へ行って見せてもらうことは珍しい話ではなかった。 個人情報保護法の全面施行後、交通事故の被害者の家族が病院に様態を尋ねたとこ …

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …

2017.06.25付け「編集手帳」要約

薩摩隼人が持ち込んだハヤトウリ

2017年6月25日付け「編集手帳」要約 薩摩隼人にちなんだ名前の野菜ハヤトウリ。 100年前、米大陸から籠島の人が持ち込んで栽培を試みたのが始まりだ。 原産地の中米では、生活に欠かせない農産物だが、 …

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2018.08.24付け「編集手帳」要約

ムコ殿は気が優しくて力持ち

2018年8月24日付け「編集手帳」要約 『必殺仕事人』でおなじみの菅井きんさんが92歳で亡くなった。 訃報に、「ムコ殿!」とつぶやいてみた方もおいでかもしれない。 名脇役の勲章だろう、出演歴の多さに …