編集手帳

色々な形で古典にであうのもいい

投稿日:2017年11月5日 更新日:

2017年11月5日付け「編集手帳」要約

一見古びているようで、新しい。
それが古典の力というものだろう。
80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。
宮崎駿監督が同名映画の新作制作に取り組んでいることを公表した。
大人になる前の子どもたちが「人生いかに生きるべきか」と悩む。
それは今も昔も変わらない。
いや、先の見えないいの今のような時代だからこそ、この本の出番だ。
そんな直感があったのではないか。
こんな形で古典にであうのもすてきなことだろう。
9日までは読書週間だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.08付け「編集手帳」要約

荒波にさらされてわかるもの

2018年1月8日付け「編集手帳」要約 アモス・オズさんが人間の二面性を表現した言葉がある。 〈だれもが半島だ。半分は大陸にくっついて、もう半分は大海に突き出ている〉 家族、友人、文化が大陸を形作る。 …

2018.08.29付け「編集手帳」要約

顔を洗って出直すべし

2018年8月29日付け「編集手帳」要約 ベネスエラに〈アルマジロが亀を笑う〉ということわざがある。 日本にも〈目…〉という似た表現がある。 ちょっと汚い表現ので、ベネズエラの箴言に頼らせていただく。 …

2018.07.30付け「編集手帳」要約

立場ある人がおとしめてどうする

2018年7月30日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出劇に、実は日本も一役買っていた。 JAXAの観測衛星「だいち2号」が、現地の精密な地形図を撮影してタイ政府に提供した …

2018.07.29付け「編集手帳」要約

牛より丑がやっぱり恋しい

2018年7月29日付け「編集手帳」要約 土用の丑の日はウシを食べよう! 高騰し続ける一方のウナギの価格に、ウシつながりに賭けた飲食店や百貨店があったとか。 来年の国際会議での議論次第でニホンウナギの …

2018.04.27付け「編集手帳」要約

あの男だけは

2018年4月27日付け「編集手帳」要約 いまの騒がしさは、〈あの男だけは〉の衝撃からだろう。 「TOKIO」の山口達也容疑者が強制わいせつ事件で書類送検された。 酒を飲み過ぎたらしいが、言い訳にもな …