編集手帳

色々な形で古典にであうのもいい

投稿日:2017年11月5日 更新日:

2017年11月5日付け「編集手帳」要約

一見古びているようで、新しい。
それが古典の力というものだろう。
80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。
宮崎駿監督が同名映画の新作制作に取り組んでいることを公表した。
大人になる前の子どもたちが「人生いかに生きるべきか」と悩む。
それは今も昔も変わらない。
いや、先の見えないいの今のような時代だからこそ、この本の出番だ。
そんな直感があったのではないか。
こんな形で古典にであうのもすてきなことだろう。
9日までは読書週間だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …

2017.05.14付け「編集手帳」要約

カーネーション一輪が支える橋

2017年5月14日付け「編集手帳」要約 1917年に発表された『和解』(志賀直哉)の主題は、父を息子の確執である。 最後は、深い溝が埋まり、父子が涙する大団円を迎える。 百年たって、確執劇の主役は母 …

2017.09.02付け「編集手帳」要約

辛抱強く向き合うことから始めては

2017年9月2日付け「編集手帳」要約 武田信玄の重臣が筆録したとされる『甲陽軍艦』に、国を滅ぼす大将の特徴が4点記されている。 〈愚か〉〈臆病〉〈強すぎる〉〈利口過ぎる〉。 ようするに指導者には、バ …

2018.02.27付け「編集手帳」要約

不詳、今頃になって気づく

2018年2月27日付け「編集手帳」要約 部活動が教員の長時間勤務の一因だとして、このごろ一段と議論が盛んになっている。 スポーツ庁の有識者会議や自民党からさまざまな意見が出される。 いずれ地域や保護 …

2017.04.15付け「編集手帳」要約

梅若の涙

2017年4月15日付け「編集手帳」要約 梅若伝説を人々は謡曲『隅田川』にして語り継いできた。 どの時代、どの親にとっても、身につまされる悲しい劇だったからにちがいない。 今年の「梅若忌」は、9歳の少 …