編集手帳

色々な形で古典にであうのもいい

投稿日:2017年11月5日 更新日:

2017年11月5日付け「編集手帳」要約

一見古びているようで、新しい。
それが古典の力というものだろう。
80年前の少年小説「君たちはどう生きるか」が脚光を浴びている。
宮崎駿監督が同名映画の新作制作に取り組んでいることを公表した。
大人になる前の子どもたちが「人生いかに生きるべきか」と悩む。
それは今も昔も変わらない。
いや、先の見えないいの今のような時代だからこそ、この本の出番だ。
そんな直感があったのではないか。
こんな形で古典にであうのもすてきなことだろう。
9日までは読書週間だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.29付け「編集手帳」要約

どっこい生きる

2018年9月29日付け「編集手帳」要約 短足コンプレックスをバネに、どっこい生きていた武田鉄矢。 努めて堂々とふるまうようにしてコンプレックスを解消したそうだ。 いまどきなら、美容整形を克服法として …

2018.11.09付け「編集手帳」要約

♪ダバダバダ…

2018年11月9日付け「編集手帳」要約 1970年代初めはフランス映画ブームだった。 街のいたるところで『男と女』や『白い恋人たち』の音楽がかかっていた。 その作曲者、フランシス・レイ氏が86歳で亡 …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2018.12.17付け「編集手帳」要約

顔認証で気づかない顔つき

2018年12月17日付け「編集手帳」要約 米国と中国の通信システムを巡る対立。 米国は中国が機密情報を盗んでいる疑いがあるとして、 中国製品の排除に乗り出した。 イランとの不正取引に関わったとして、 …

2017.07.04付け「編集手帳」要約

初心に帰る以外に道はない

2017年7月4日付け「編集手帳」要約 東京都議会選で自民党は、小池百合子知事の率いる地域政党に圧倒され、歴史的大敗を喫した。 国会の強引な運営。 閣僚の失言。 メディアへの八つ当たり。 〈勝ちに不思 …