編集手帳

楽にお金を得ようとしてもいいことはない

投稿日:2017年11月2日 更新日:

2017年11月2日付け「編集手帳」要約

「おれは大勢の盗人を見てきたが、腹が減ったから盗みを働いた人間にはあったことがない。
盗むのは…働くよりも楽だからだ」(バック・シャッツ)
福岡市・天神で4月、現金3億8400万円を強奪した疑いで7人が逮捕された。
全員職業不詳という。
各人の分け前を想像すると、バックの言葉が重ならないでもない。
警察は働かずとも楽にお金を得ようとしても、いいことはないとの実証を固めよ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.15付け「編集手帳」要約

あと何回あるのだか

2018年11月15日付け「編集手帳」要約 ロシア西部のことわざらしい、 〈苦しいことは6日ごとにやって来る。喜びは100日おいてやってくる〉。 苦しいこち、つらいこと、困ったこと…今年はあと何回ある …

2017.06.05付け「編集手帳」要約

歳月に埋もれない言葉を書いた人

2017年6月5日付け「編集手帳」要約 歴史学者岡田英弘さんが先月死去した。 中国とモンゴルの文献を駆使した研究者だった。 マスコミに引っ張りだこだったとは言えないが、 一連の著書は、様々な分野の目利 …

2017.02.06付け「編集手帳」要約

小売業界の新しい工夫に挑む

様々な工夫を凝らして、客を引きつけてきた小売業界にネット起業がITで挑む。 米アマゾン・ドット・コムは、人工知能を活用した新しいコンビニを作った。 客が棚から商品を取って退店するとスマートフォンで決済 …

2017.07.22付け「編集手帳」要約

この母にして、この子あり

2017年7月22日「編集手帳」要約 横綱白鳳の母タミルさんは、モンゴル巡業で谷川親方に、4年前の対戦のことを謝った。 伝え聞いた白鵬関は「…おふくろはありがたい」と苦笑したという。 帰化する道を息子 …

2017.03.29付け「編集手帳」要約

無常の雪を恨む

2017年3月29日付け「編集手帳」要約 『存在』という川崎洋さんの詩の、終わりの二行が重い。 〈「二人死亡」と言うな/太郎と花子が死んだと言え〉 一人ひとりに歩んできた人生があり、これから歩むはずだ …