編集手帳

多くのナッジ応用例発信を期待する

投稿日:2017年10月30日 更新日:

2017年10月30日付け「編集手帳」要約

環境省でも今年度、地球温暖化対策で事業を始めた。
電力や情報通信関連企業、大学などが組み、日本版ナッジを科学的に追求する。
ナッジとはノーベル経済学賞に決まった、リチャード・セイラー教授が提唱。
大上段から改善を迫るのではなく、母親が子供に歩くようにそっと後押しをするような、
心理学を使って自発的な行動を促すことをいう。

細やかな工夫が得意な日本には、世界に発信できる事例も多かろう。

期待したい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.12付け「編集手帳」要約

微動だりしないちゃぶ台を願う

2018年6月12日付け「編集手帳」要約 〈ちゃぶ台返し〉 英語でも、〈ちゃぶ台〉を〈テーブル〉に代えるだけで通じるらしい。 トランプ米大統領、G7のホスト国、カナダのトルドー首相に対して怒りが抑えき …

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …

2017.07.12付け「編集手帳」要約

誰のための警察かを明確に示せ

2017年7月12日「編集手帳」要約 『警視庁史』の明治編で、栗本鋤雲がパリで道に迷ったときポリスが宿まで送ってくれたと紹介している。 これが新時代の警察制度実現に拍車をかけた。 改正組織犯罪処罰法が …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.05.19付け「編集手帳」要約

ヒューマンストーリーに欠ける騒ぎ

2018年5月19日付け「編集手帳」要約 アメリカンフットボールの試合で無防備な相手にタックルを仕掛ける映像。 なぜそこまで獰猛になったのか。 日大の説明がすっきりしない。 まるで学生の勝手な勘違いで …