編集手帳

タンスの奥のハンカチ

投稿日:2017年10月29日 更新日:

2017年10月29日付け「編集手帳」要約

引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉
言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。
生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろうか。
長距離走のコーチ高橋進さんは、好成績を上げた選手たちを三つに分類した。
その中には〈いうことをきこうとしなかったから成功した〉という分類がある。
メキシコ五輪、マラソン銀メダリスト君原選手がそのタイプだったそうだ。
才能と性格を見抜ける指導者は、扱いにくい選手をタンスの奥のハンカチにはしない。
衝突しながら導く。
スポーツ観戦では、監督と選手の関係も想像してみたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.05付け「編集手帳」要約

チェンライの奇跡

2018年7月5日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟で消息を絶ったサッカークラブの13人が、全員生存していることが確認された。 暗闇をよく10日も耐えたものである。 小高い場所に身を寄せ、雨期に流れ …

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …

2017.12.18付け「編集手帳」要約

実直さを忘れるな

2017年12月18日付け「編集手帳」要約 今年も企業の不祥事が相次いだ。 多くは現場を率いる社員が不正を見過ごしてきたことが原因だった。 「良い上司」とは何か、考えさせられる一年だった。 経営陣は「 …

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …

2018.06.19付け「編集手帳」要約

だまし絵に似ている

2018年6月19日付け「編集手帳」要約 高槻市で小学4年の三宅璃奈さんが小学校のブロック塀の下敷きになり亡くなった。 ブロック塀は建築基準法に違反していたという。 塀には緑の枝を広げる樹木が何本か描 …