編集手帳

ちゃらいは、ちょっと

投稿日:2017年10月28日 更新日:

2017年10月28日付け「編集手帳」要約

来月1月「広辞苑第七版」が発売される。
約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。
清少納言が「枕草子」で述べている。
〈いやしきことも、わろき事も、さと知りながら、ことさらに言ひたるは、あしうもあらず〉
「品のない言葉も、みっともない言葉も、本人が分かって使う分には、別にいいんじゃない」
新語や日本語の中にはなごむ場合もあるから不思議である。
今度使ってみようかなと思う言葉もある。
でも、ちゃらいは、ちょっと。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.15付け「編集手帳」要約

口よ、脅しに屈するなかれ

2017年7月15日付け「編集手帳」要約 漢字を見て、成り立ちにあれこれと想像をめぐらすときがある。 〈口金〉目に留まった。 口をつぐむ動作を意味する字だという。 中国の民主化運動の象徴だった、劉暁波 …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2018.05.12付け「編集手帳」要約

街々の支店はどう変わるのだろう

2018年5月12日付け「編集手帳」要約 昔、銀行員の犯す桁違いのミスを発見する方法に「9で割れ」という方法があった。 今ではコンピューターの活用ですっかり昔話になったに違いない。 さらにAIも絡み、 …

2017.03.20付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が変わってきた

2017年3月20日付け「編集手帳」要約 墓をめぐる世相が急速に変わっている。 大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。 「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしている …

2018.01.19付け「編集手帳」要約

また負けてしまった。

2018年1月19日付け「編集手帳」要約 昭和の大相撲を沸かせた取組の一つに、麒麟児−富士桜がある。 今の大相撲はこの一番がないが、取組によらず興奮の中に歓声の上がる取組がいくつもある。 相撲人気の揺 …