編集手帳

ちゃらいは、ちょっと

投稿日:2017年10月28日 更新日:

2017年10月28日付け「編集手帳」要約

来月1月「広辞苑第七版」が発売される。
約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。
清少納言が「枕草子」で述べている。
〈いやしきことも、わろき事も、さと知りながら、ことさらに言ひたるは、あしうもあらず〉
「品のない言葉も、みっともない言葉も、本人が分かって使う分には、別にいいんじゃない」
新語や日本語の中にはなごむ場合もあるから不思議である。
今度使ってみようかなと思う言葉もある。
でも、ちゃらいは、ちょっと。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.26付け「編集手帳」要約

子どもを誘い秋の気配を探そう

2017年8月26日付け「編集手帳」要約 夏休みを縮める動きが、公立の小中学校で広がりつつあるらしい。 大阪市の全小学校では1週間短縮、東京でも9月を待たずに休みを切り上げる学校が珍しくない。 「授業 …

2018.01.06付け「編集手帳」要約

大義、親を滅す

2018年1月6日付け「編集手帳」要約 直言で知られた住田正二さんが95歳で亡くなった。 ロッキード事件の際、政治家を恐れず事実を証言したため会社を追われた。 あるべき道義と自らの地位をてんびんにかけ …

2018.01.30付け「編集手帳」要約

上の空だった経営者

2018年1月30日付け「編集手帳」要約 あすの31日の夜は皆既月食。 世間の憂さや騒動を忘れてぼんやりとしたいが、引きずる事件がある。 仮想通貨の取引会社の顧客の資産の流失事件である。 いったい何が …

2017.04.17付け「編集手帳」要約

知恵の絞りがいのある課題

2017年4月17日付け「編集手帳」要約 ストーカー行為に及んだ加害者に対し、警察が精神科などの専門医の診察を受けるように促した。 25%が受診したが、60%は拒んだ。 「自分は悪くない」。 ストーカ …

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …