編集手帳

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

投稿日:2017年10月26日 更新日:

2017年10月26日付け「編集手帳」要約

歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。
「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多くの喜びをもたらす」。
1922年、帝国ホテルに滞在中に従業員に渡した便箋2枚のメモが、競売で2億円で落札されたという。
化学の域を越えたその人のハートフルな語録は今なお世界中で人気がある。
日本発の言葉もそこに加わる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.10付け「編集手帳」要約

犯人は家族の情けを知らない

2018年5月10日付け「編集手帳」要約 小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。 それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。 新潟県で起こった信じがたい事件。 大桃珠生ちゃ …

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2017.05.03付け「編集手帳」要約

西遊記と重なる日本国憲法の歩み

2017年5月3日付け「編集手帳」要約 日本国憲法とともに歩んだ戦後の70年を顧みるとき、 遥かな天竺へ三蔵法師一行のたどった苦難の旅を描いた『西遊記』が重なる。 国際平和を希求する崇高な理念をうたっ …

2017.04.27付け「編集手帳」要約

これが最強の布陣なのか

2017年4月27日付け「編集手帳」要約 ひとつの内閣がどれほどの緊張感を持って国政にあたっているか。 その度合いは人事にも表れる。 ここぞという勝負どころでは慣例や情実を排し、「最強布陣」で挑むもの …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …