編集手帳

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

投稿日:2017年10月26日 更新日:

2017年10月26日付け「編集手帳」要約

歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。
「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多くの喜びをもたらす」。
1922年、帝国ホテルに滞在中に従業員に渡した便箋2枚のメモが、競売で2億円で落札されたという。
化学の域を越えたその人のハートフルな語録は今なお世界中で人気がある。
日本発の言葉もそこに加わる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2017.09.22付け「編集手帳」要約

まずは自分の頭で考える

2017年9月22日付け「編集手帳」要約 加齢とともに増えるのが、流行語や新語の意味が分からない人の割合とど忘れ。 この頃では、スマホの検索機能を使えばたちどころに示される。 その分、自分で思い出す力 …

2017.09.12付け「編集手帳」要約

日本には残された時間が少ない

2017年9月12日付け「編集手帳」要約 「万人の万人による戦い」は〈孤独でまずしく、つらく残忍でみじかい〉生活であるらしい。 それよりひどい人生は、〈不快で残酷で長い人生である〉と言う。 2007年 …

2017.10.20付け「編集手帳」要約

頼るべき友人が現れた

2017年10月20日付け「編集手帳」要約 囲碁の完璧な人工知能(AI)を開発したと、米グーグル系企業が発表した。 定石を一切習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だという。 …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …