編集手帳

新政権の大事な課題

投稿日:2017年10月24日 更新日:

2017年10月24日付け「編集手帳」要約

江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。
撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。
毛利家の藩主たちは批判に応じず、未来を憂いた先代の意思を受け継いだ。
仮に選挙で藩主が選ばれていたら、基金は取り崩されていたかもしてない。
衆院選で大勝した自民党は、消費税による増税分の使途を見直す考えだ。
その分、借金の返済は遅れ、子や孫の世代にツケが回る。
吉田松陰は、勝利を見据えた「国家の大計」の重要性を説いた。
まさに新政権の大事な課題である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.09付け「編集手帳」要約

新成人に何を伝えるか

オックスフォード大学では、上級生が下級生に大人の会話の作法を伝える伝統がある。 だが、作法も何もない、罵詈雑言を重ねる人物が大国の指導者になる。 123万人の新成人が、新たな門出を迎えた。 新成人に何 …

2017.09.25付け「編集手帳」要約

周恩来氏の笑顔が懐かしい

2017年9月25日付け「編集手帳」要約 「残念ながら、恨みを教え続けてきた教育が、一部の中国人の心をねじ曲げている」 中国黒龍翔に満蒙開拓団員らが眠る日本人墓地がある。 1960年代半ば、当時の周恩 …

2018.09.22付け「編集手帳」要約

のんびりと雲を眺める日が多いといい

2018年9月22日付け「編集手帳」要約 穏やかな秋空は見上げるだけで気持ちが落ち着く。 そこに紅葉があれば、いっそう景色は映える。 日本一早い紅葉で知られる北海道の大雪山系が装いを転じたという。 今 …

2017.12.07付け「編集手帳」要約

気持よく払っているかを確かめる

2017年12月7日付け「編集手帳」要約 玄関先を長くもやもやさせた問題がついに決着したか。 NHK受信料をテレビ使用者の義務とする制度に、「合憲」のお墨付きが出た。 放送の公共性を重く見たという。 …

2017.10.19付け「編集手帳」要約

白菊は経済、黄菊は軍事力

2017年10月19日付け「編集手帳」要約 菊は中国では黄菊は白菊よりも序列が上らしい。 習近平総書記の心の中にも序列は白は経済、黄は軍事力だろうか。 きのう開幕した中国共産党大会で、「豊かさから強さ …