編集手帳

新政権の大事な課題

投稿日:2017年10月24日 更新日:

2017年10月24日付け「編集手帳」要約

江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。
撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。
毛利家の藩主たちは批判に応じず、未来を憂いた先代の意思を受け継いだ。
仮に選挙で藩主が選ばれていたら、基金は取り崩されていたかもしてない。
衆院選で大勝した自民党は、消費税による増税分の使途を見直す考えだ。
その分、借金の返済は遅れ、子や孫の世代にツケが回る。
吉田松陰は、勝利を見据えた「国家の大計」の重要性を説いた。
まさに新政権の大事な課題である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.07付け「編集手帳」要約

森林が社会にもたらす恩恵は何か

2017年1月7日付け「編集手帳」要約 手入れの行き届かぬ森林は、今や全国に広がる。 政府は整備費用に当てる森林環境税を2024年度の創設する方針だ。 森林面積に応じて自治体に配る。 無駄遣いだけは避 …

2018.06.13付け「編集手帳」要約

まだ分からない

きのう、米朝首脳会談が行なわれ、トランプ大統領、金正恩委員長の〈口〉がどう動くかに世界中が注目した。 〈和〉はなされたのか。 正恩氏が朝鮮半島の非核化を約束し、トランプ氏が北朝鮮の体制の保証を確約する …

2018.05.21付け「編集手帳」要約

官僚人事で細心の注意を求める

2018年5月21日付け「編集手帳」要約 政治主導で省庁人事を管理する内閣人事局が、間もなく発足4年目を迎える。 人事権を握られた官僚が必要以上に首相官邸の顔色をうかがっている、と批判されるようになっ …

2017.08.24付け「編集手帳」要約

一ミリの攻防

2017年8月24日付け「編集手帳」要約 競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。 「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。 夏の高校野球が幕を閉じた。 花咲徳栄が流 …

2018.05.18付け「編集手帳」要約

まだ63歳、早すぎる。

2018年5月18日付け「編集手帳」要約 『YOUNG MAN』は「外国の曲のカバーは日本で売れない」という反対を若さと情熱で押し切った。 その挑戦の成果は、お茶の間で幼児まで人文字になるほどの大ヒッ …