編集手帳

新政権の大事な課題

投稿日:2017年10月24日 更新日:

2017年10月24日付け「編集手帳」要約

江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。
撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。
毛利家の藩主たちは批判に応じず、未来を憂いた先代の意思を受け継いだ。
仮に選挙で藩主が選ばれていたら、基金は取り崩されていたかもしてない。
衆院選で大勝した自民党は、消費税による増税分の使途を見直す考えだ。
その分、借金の返済は遅れ、子や孫の世代にツケが回る。
吉田松陰は、勝利を見据えた「国家の大計」の重要性を説いた。
まさに新政権の大事な課題である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.25付け「編集手帳」要約

もっと触れたい文化がある

2018年2月25日付け「編集手帳」要約 かつての北海道土産の定番といえば木彫りの熊。 アイヌの人たちが古くから手がけていて、木彫家の藤戸竹喜さんもその流れをくむ。 その作品は毛並み、表情、しぐさ、す …

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …

2018.02.14付け「編集手帳」要約

「服育のため」ってなんだ?

2018年2月14日付け「編集手帳」要約 子供にとって、もの与えられるとはどんなことだろう。 東京中央区立泰明小学校が高級ブランド「アルマーニ」の標準服を採用する。 一式8万円の服を着ることが子どもた …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …