編集手帳

自らの1票で国を動かす意思があるか

投稿日:2017年10月22日 更新日:

2017年10月22日付け「編集手帳」要約

7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。
星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。
それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国でも、星は何もしてくれない。
正すのは人間次第である。
国旗がお日様の日本できょう、衆院選が投開票日を迎えた。
予報では雨の日も多いが、お日様は雲の上から見守っている。
有権者が自らの意思でこの国を動かす意思があるのかどうかを。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …

2017.04.07付け「編集手帳」要約

そっくり返ったドブ板

2017年4月7日付け「編集手帳」要約 「日なたのドブ板じゃないが、すぐそっくり返る…」 ドブ板選挙で、有権者一人ひとりに支持を訴え頭を下げに下げて当選すると、 いやに偉そうなドブ板になってしまう人が …

2017.08.01付け「編集手帳」要約

稲葉ジャンプに震える日を待つ

2017年8月1日付け「編集手帳」要約 えにしの糸とは不思議なもである。 稲葉篤紀さんは、大学4年間で6本しか本塁打がない。 うち明大戦で放った2試合連続アーチを、たまたま野村克也氏が見ていた。 プロ …

2018.01.04付け「編集手帳」要約

人間はどう働くべきかを問う

2018年1月4日付け「編集手帳」要約 AIやロボットが台頭する中、人間はどう働くべきか。 きょう仕事始めを迎えた職場では、新年のあいさつでそんな問いかけを口にしたり、耳にしたりする人も少なくないだろ …

2018.01.21付け「編集手帳」要約

議員さんにあだ名をつけてみて

2018年1月21日付け「編集手帳」要約 「二つ名」には、その人の姿をまざまざと映しだす力がある。 歴史上の人物なら、伊達政宗の「独眼竜」、徳川綱吉の「犬公方」当たりが有名だ。 プロ野球は「傑作」の宝 …