編集手帳

自らの1票で国を動かす意思があるか

投稿日:2017年10月22日 更新日:

2017年10月22日付け「編集手帳」要約

7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。
星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。
それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国でも、星は何もしてくれない。
正すのは人間次第である。
国旗がお日様の日本できょう、衆院選が投開票日を迎えた。
予報では雨の日も多いが、お日様は雲の上から見守っている。
有権者が自らの意思でこの国を動かす意思があるのかどうかを。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.19付け「編集手帳」要約

白菊は経済、黄菊は軍事力

2017年10月19日付け「編集手帳」要約 菊は中国では黄菊は白菊よりも序列が上らしい。 習近平総書記の心の中にも序列は白は経済、黄は軍事力だろうか。 きのう開幕した中国共産党大会で、「豊かさから強さ …

2018.04.23付け「編集手帳」要約

人間だけが味わえる気持ち

2018年4月23日付け「編集手帳」要約 京都大の女子大学院生が、苔庭のコケの種類を自動判別するAIを開発した。 コケを観察するには〈ゆっくりと落ち着いた気分であること〉が大切だと、植物学者・秋山弘之 …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2017.11.28付け「編集手帳」要約

平均台は体育館だけにあればいい

2017年11月28日付け「編集手帳」要約 目の不自由な人は、駅のホームが大きな平均台と感じ、転落の恐怖を常に感じているという。 それに対して、少しホッとする記事があった。 型の異なる車両が停車した場 …

2017.07.21付け「編集手帳」要約

昭和時代の栞のような人

2017年7月21日付け「編集手帳」要約 小学校の教室で、高視聴率の伝説が残る連続テレビ小説『おはなはん』を毎日見ることになった。 その主題歌を作曲した小川寛興さんが92歳で亡くなった。 『月光仮面は …