編集手帳

自然で素朴な国民感情だ

投稿日:2017年10月7日 更新日:

2017年10月7日付け「編集手帳」要約

今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれた。
ナニ人とかナニ民族というのは、紛争の下地のように思えて普段は遠慮するが、この喜びはなんだろう。
いまは英国籍ながら、日本で生まれ5歳まで長崎で過ごした。
同じ国土に住んだというご縁に親近感を覚える方は多かろう。
過去の日本人受賞と同様、この喜びに負の作用があるはずはない。
自然で素朴な国民感情だ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.05.21付け「編集手帳」要約

ときに古い記憶を呼び覚ます

2017年5月21日付け「編集手帳」要約 〈作新学院の江川投手の快速球を待つ非力な打者〉 圧倒的な強者の比喩として、井上ひさしさんが使っていた。 早稲田実業の清宮幸太郎選手はそれに匹敵する注目度と言え …

2017.09.21付け「編集手帳」要約

変わっていく高校野球

2017年9月21日付け「編集手帳」要約 高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。 1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前 …

2017.08.13付け「編集手帳」要約

夏の風物詩、「怪談のたぐい」

2017年8月13日付け「編集手帳」要約 昔の消夏法は下町の縁台で「怪談のたぐいの話」を聞くことだった。 たが、クーラーの普及が進み私たちの生活の中から〈怪談〉が消えてしまった。 冷房が普及していなく …