編集手帳

公約の用法を見極めねばならない

投稿日:2017年9月29日 更新日:

2017年9月29日付け「編集手帳」要約

衆院が解散され、晩秋の選挙となる。
直前まで解散の影もなかったからか、突貫工事の公約づくりがどうも心もとない。
与党も野党も、患部に正しく聞く膏薬ならぬ公約を、しっかり提示してもらいたい。
有権者も、中身を吟味して良薬と用法を見極めねばなるまい。
人口減社会の未来をどう開くか。
難題に答えを出すべき政治の季節である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.09付け「編集手帳」要約

世界が狭いとこれだから

2017年7月9日付け「編集手帳」要約 先生という職業は、学校を出てからも学校に通っている。 いわば学校以外の世界を知らない。 自殺した生徒から相談を受けた教諭は、深刻ではないと判断した。 那須町の雪 …

2017.05.01付け「編集手帳」要約

AIに勝つには…

2017年5月1日付け「編集手帳」要約 最近の人工知能(AI)の進歩には驚くばかりだ。 便利になるのはいいが、AIに仕事が奪われる可能もあると聞けば、心穏やかではいられない。 記者は大丈夫だと言い切れ …

2017.08.10付け「編集手帳」要約

記憶を呼び覚ます匂いが待っている

2017年8月10日付け「編集手帳」要約 匂いは記憶の喚起装置ともいわれる。 ふるさとでお盆休みを過ごす人の、旅立つ季節である。 夕暮れの縁側に漂う蚊取り線香の煙。 夕暮れに濡れた土。 線香花火の火薬 …

2019.01.03付け「編集手帳」要約

いいものをもらった気がする千円札

2019年1月3日付け「編集手帳」要約 政府の消費税対策で、キャッシュレス決済によるポイント還元作が頭をよぎった。 中小の小売店は5%分、コンビニなどのチェーン店は2%分還元される。 店の設備をクレジ …

2017.06.09付け「編集手帳』要約

顔を洗い出直すのがよろしかろう

2017年6月9日付け「編集手帳」要約 「核」という漢字の中には「亥」が棲んでいる。 18年前の茨城県の臨界事故や、6年前の福島原発事故は、「核」に棲む「亥」の暴走例としていまも記憶に生々しい。 大洗 …