編集手帳

希望

投稿日:2017年9月28日 更新日:

2017年9月28日付け「編集手帳」要約

小池百合子さんが「希望の党」を結成した。
「日本全体が希望に燃える、そんなかつての輝きを取り戻す」
どう実現するのか。
心地よい響きより具体的な道筋を聞きたい。
受けて立つ首相としては政権奪還後の希望回復の実績を強調したいところだろう。
「希望は、努力が報われ、評価される時に生まれます」
解党論も出てきた野党第1党に、希望格差を思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.19付け「編集手帳」要約

白菊は経済、黄菊は軍事力

2017年10月19日付け「編集手帳」要約 菊は中国では黄菊は白菊よりも序列が上らしい。 習近平総書記の心の中にも序列は白は経済、黄は軍事力だろうか。 きのう開幕した中国共産党大会で、「豊かさから強さ …

2018.04.03付け「編集手帳」要約

新入社員の八年後の顔

2018年4月3日付け「編集手帳」要約 〈捨てた一粒の柿の種/生えるも生えぬも/甘いも渋いも/畑の土のよしあし〉 果実を結ぶ時期は〈桃栗三年柿八年〉という。 社会に飛び出した若者が実をつけるまでの期間 …

2018.11.01付け「編集手帳」要約

雨と虹、どちらを選ぶだろう

2018年11月1日付け「編集手帳」要約 雨が降ったりやんだりする「時雨」はよく虹を伴うという。 芥川龍之介に同名の短い詩で、 どうしようもなく一つになれない人の心を晩秋の景色に例えた。 空の片方が雨 …

2018.11.05付け「編集手帳」要約

キノコに学んでみるのもいい

2018年11月5日付け「編集手帳」要約 キノコが豊作の今秋は採集に伴う事故にご注意ください。 キノコの本体は地中に広がる菌糸で、インターネットさながら森の植物を結びつけ、 朽ち木や落ち葉を分解して新 …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …