編集手帳

希望

投稿日:2017年9月28日 更新日:

2017年9月28日付け「編集手帳」要約

小池百合子さんが「希望の党」を結成した。
「日本全体が希望に燃える、そんなかつての輝きを取り戻す」
どう実現するのか。
心地よい響きより具体的な道筋を聞きたい。
受けて立つ首相としては政権奪還後の希望回復の実績を強調したいところだろう。
「希望は、努力が報われ、評価される時に生まれます」
解党論も出てきた野党第1党に、希望格差を思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …

2018.08.01付け「編集手帳」要約

その人にこころがあるのか

2018年8月1日付け「編集手帳」要約 〈こころとは脳の内部にあるという倫理の先生の目の奥の空〉 自民党・杉田衆院議員の寄稿が人権侵害だとして批判が高まっている。 〈LGBTのカップルのために税金を使 …

2018.07.05付け「編集手帳」要約

チェンライの奇跡

2018年7月5日付け「編集手帳」要約 タイ北部の洞窟で消息を絶ったサッカークラブの13人が、全員生存していることが確認された。 暗闇をよく10日も耐えたものである。 小高い場所に身を寄せ、雨期に流れ …

2017.06.01付け「編集手帳」要約

正々堂々と精進します

2017年6月1日付け「編集手帳」要約 『一本刀土俵入り』、駒形茂兵衛は情けをかけてもらったお蔦に、 横綱になっても気づいてもらうために本名で通すと誓った。 大関昇進を決めた高安関、大関になってからも …

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …