編集手帳

対立は過激派勢力を利するだけだ

投稿日:2017年9月27日 更新日:

2017年9月27日付け「編集手帳」要約

イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。
過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間で緊張が高まっている。
「賛成」多数でも拙速は慎まねばなるまい。
イラクの側も、他者への寛容というサラディンの精神を思い起こしてはどうか。
いたずらに対立を深めては、ともに駆逐すべき過激派勢力を利するだけである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.27付け「編集手帳」要約

本は好きですか

2017年10月27日付け「編集手帳」要約 江戸時代のすえごろ、日本では人の多く暮らすところ、貸本屋の行商が珍しくなく、本好きが争って読んでいた。 その後、印刷技術の技術が発達し、出版業が起こり、書店 …

2018.11.13付け「編集手帳」要約

悪こぎの犠牲者

2018年11月13日付け「編集手帳」要約 時代劇で「あこぎ」というセリフを聞くと、頭の中で悪こぎと変換していた。 正しくは、阿漕である。 阿漕ヶ浦の海岸は、伊勢神宮に供える魚を守るために禁漁域とされ …

2018.11.23付け「編集手帳」要約

暴力のみが虐待ではない

2018年11月23日付け「編集手帳」要約 小春日和という気象現象はドイツでは「老婦人の夏」と呼ばれるそうである。 鹿屋市の住宅型老人ホームで、ひと月の間に入居者6人が相次いで亡くなっていた。 この施 …

2017.03.14付け「編集手帳」要約

司法は世論を重んじてはいけない

2017年3月14日付け「編集手帳」要約 韓国の憲法裁判所が宣告した朴槿恵大統領の罷免。 法理より世論を重んじたとみる専門家が少なくない。 司法の独立とは、政治権力からの独立であると同時に、 大衆圧力 …

2017.10.15付け「編集手帳」要約

信頼関係無くして平和解決はない

2017年10月15日付け「編集手帳」要約 核戦争が危ぶまれた、1962年のキューバ危機の際、 ケネディ大統領は軍を抑え、フルシチョフ首相はキューバの核ミサイル基地撤去を決断し、戦争を逃れた。 当時の …