編集手帳

対立は過激派勢力を利するだけだ

投稿日:2017年9月27日 更新日:

2017年9月27日付け「編集手帳」要約

イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。
過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間で緊張が高まっている。
「賛成」多数でも拙速は慎まねばなるまい。
イラクの側も、他者への寛容というサラディンの精神を思い起こしてはどうか。
いたずらに対立を深めては、ともに駆逐すべき過激派勢力を利するだけである。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.20付け「編集手帳」要約

国民的辞書であることの証明

2018年1月20日付け「編集手帳」要約 岩波書店「広辞苑」第7版に相次いで誤りが見つかっている。 新版で追加された1万語の一部だが、発見のスピードに少々驚く。 12日に発売されたばかりである。 辞書 …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …

2018.04.20付け「編集手帳」要約

国は範を示すことができないようだ

2018年4月20日付け「編集手帳」要約 財務省の福田淳一次官がセクハラ疑惑で辞任を表明した。 理由は騒ぎで職務を果たすことが難しくなったからで、疑惑は否定している。 非を認めないことがさらに嫌がらせ …

2017.11.08付け「編集手帳」要約

冬が来ましたね

2017年11月8日付け「編集手帳」要約 キリギリスは秋の季語だが、漢字にすると冬という字が入る。 その季節に縁があるらしい、暦が立冬を告げたきのう、ピンク色のキリギリスが見つかったという、楽しい話題 …

2018.02.04付け「編集手帳」要約

規制は見直すべきだ

2018年2月4日付け「編集手帳」要約 かつて中国では生の魚を食べる習慣がなかった。 それが最近は空前の日本食ブームで、すしや刺し身が人気メニューという。 日中平和友好条約締結40年を記念して、北京と …