編集手帳

周恩来氏の笑顔が懐かしい

投稿日:2017年9月25日 更新日:

2017年9月25日付け「編集手帳」要約

「残念ながら、恨みを教え続けてきた教育が、一部の中国人の心をねじ曲げている」
中国黒龍翔に満蒙開拓団員らが眠る日本人墓地がある。
1960年代半ば、当時の周恩来首相の許可を得て県当局が建立した。
ところが6年前、墓の近くに県が慰霊碑を建てると、反日青年がペンキをかける騒ぎとなり、碑は撤去された。
日中国交正常化に向けて、田中角栄首相が北京に飛んだのは45年前の今日だ。
いつから日中間にすきま風が吹き始めたのか。
田中首相とがっちり握手した周恩来の穏やかな笑顔が懐かしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.06付け「編集手帳」要約

困難を生き抜く力があることを教えたい

2017年9月6日付け「編集手帳」要約 新学期を迎え、やりきれない悲報がつづいた。 夏休み明けは学校生活への不安が募ると聞く。 悩みを抱え込み、孤立している子も少なくない。 周りの大人が見守って、一人 …

2018.09.28付け「編集手帳」要約

ORを選べばいいんですよ

2018年9月28日付け「編集手帳」要約 〈日本はYES OR NO?と迫られたら一言、ORを選べばいいんですよ〉 とは、立川志の輔さんのくすぐりの一つである。 日米首脳会談で、日本政府の〈YES N …

2018.06.24付け「編集手帳」要約

たくましい11人の奮闘を願う

2018年6月24日付け「編集手帳」要約 サッカーのW杯、日本の第2戦はセネガルが相手だ。 その国のシンボル、バオバブの木は食品や薬など100以上もの使い道がある。 近年は保湿効果の高いオイルや整腸作 …

2018.12.09付け「編集手帳」要約

未来を照らす光になればいい

2018年12月9日付け「編集手帳」要約 富裕層、と呼ばれる訪日客向けの特別なサービスに知恵を絞る自治体が増えている。 春日大社の夜間貸し切り、刀鍛冶による唯一無二の日本刀作り。 大胆なメニューとその …

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …