編集手帳

日本が演じるべき役割

投稿日:2017年9月24日 更新日:

2017年9月24日付け「編集手帳」要約

内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。
19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。
日本は、国際的に難民の認定や受け入れに厳しい。
支援拡大を目指した初の本格的な試みが、これで終ってはならない。
東に西に、悲劇の絶えない現実の世で、日本が演じるべき役割は多いはずだ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.09付け「編集手帳」要約

流れ着いてほしいものは来ず

2017年12月9日付け「編集手帳」要約 〈名も知らぬ遠き島より/流れよる椰子の実一つ…〉『椰子の実』。 太平洋沿岸で黒潮大蛇行が長期化しているという。 蛇行の幅が拡大し、さらに沿岸から遠のいた。 椰 …

2018.07.16付け「編集手帳」要約

日本の4年後の奇跡を信じよう

2018年7月16日付け「編集手帳」要約 サッカーのワールド・カップに熱狂した今夏、奇跡という言葉によく突き当たった。 日本のコロンビア打倒を「小さな奇跡」と表現したり、ロシアの8強入りした粘りも奇跡 …

2017.10.30付け「編集手帳」要約

多くのナッジ応用例発信を期待する

2017年10月30日付け「編集手帳」要約 環境省でも今年度、地球温暖化対策で事業を始めた。 電力や情報通信関連企業、大学などが組み、日本版ナッジを科学的に追求する。 ナッジとはノーベル経済学賞に決ま …

2018.06.18付け「編集手帳」要約

青ような鮮やかなプレーを期待する

2018年6月18日付け「編集手帳」要約 ドイツ語で「青い目の」という形容詞は「世間知らず」を意味する。 日本語には「青二才」という名詞がある。 「青」は洋の東西を問わず「まだまだ」ということか。 連 …

2018.01.08付け「編集手帳」要約

荒波にさらされてわかるもの

2018年1月8日付け「編集手帳」要約 アモス・オズさんが人間の二面性を表現した言葉がある。 〈だれもが半島だ。半分は大陸にくっついて、もう半分は大海に突き出ている〉 家族、友人、文化が大陸を形作る。 …