編集手帳

企業トップの覚悟を問う

投稿日:2017年9月23日 更新日:

2017年9月23日付け「編集手帳」要約

不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか。
現実から目を背けず責任の所在を明らかにし、根本から改める。
心底からやり切る覚悟が経営者になくて、再生など果たせるはずもない。
労働基準法違反に問われた電通の山本敏弘社長はどうか。
「働きからも働きぶりも信頼される会社」にすることが自分の責務だ、と語ったという。
その言やよし。
真に偽りがないか問われ続けよう。
高橋まつりさんに覚悟は届いたか。
心耳を澄ますべき企業の経営者は、電通ばかりではあるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.28付け「編集手帳」要約

日々の過ごし方に注意する時節

2017年5月28日付け「編集手帳」要約 5月最後の日曜日、五月病とは無縁で月を越せそうな新入生や新人社員も気は抜けない。 “六月病”がある。 日照時間が短く、湿度が高い6月に心身の不調が起きやすくな …

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …

2017.02.04付け「編集手帳」要約

見え隠れで話題になる

「関東の富士見百景」233地点のうち、少なくとも6地点で眺望が失われたという。 江戸時代の、歌川広重の浮世絵「する賀てふ」。 大正期の川柳、〈駿河町広重の見た富士が見え〉。 見えて話題になり、隠れて話 …

2017.12.26付け「編集手帳」要約

ああ河豚よ、という幕引きはなしよ

2016年12月26日付け「編集手帳」要約 歌舞伎『西郷と豚姫』という演題は、今の時代なら通らないだろう。 西郷隆盛が恋に落ちる話で、気立てのいい大柄の女性が魅力的に描かれている。 「河豚」も肉付きの …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …