編集手帳

まずは自分の頭で考える

投稿日:2017年9月22日 更新日:

2017年9月22日付け「編集手帳」要約

加齢とともに増えるのが、流行語や新語の意味が分からない人の割合とど忘れ。
この頃では、スマホの検索機能を使えばたちどころに示される。
その分、自分で思い出す力が衰えるかもしれない。
作家の柳田邦男さんが、何事も携帯で発信し、応答を待つ若者を
〈自分の悩みは自分で引き受けるという自立心を育てたりすることができなくなってしまう〉
と、憂えている。
まずは自分の頭で考える。
中高年も心すべき時代なのかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.08付け「編集手帳」要約

ファンタジーノベル『平和国家北朝鮮』

2018年3月8日付け「編集手帳」要約 「『平和国家アメリカ』という本はおいてありますか?」 「ええあるわよ。ファンタジーノベルの棚に」 米国のジョークである。 金正恩委員長が韓国の特別使節団との会談 …

2017.06.30付け「編集手帳」要約

太平楽な政府・自民党

2017年6月30日付け「編集手帳」要約 〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉、ぐうたら寝てばかりいる家臣でも、何かの役に立っている。 と、江戸時代の儒学者荻生徂徠は『太平楽』という文章に書いている。 へたに起きて …

2017.07.10付け「編集手帳」要約

川村・東電丸には荒海が待っている

2017年7月10日付け「編集手帳」要約 リーマン・ショックで経営危機に陥った日立を再建した川村隆氏が先月、東京電力の会長に就任した。 原発事故対応の重責を担うのは、日立再建を引き受けた際の〈緊急時に …

2017.06.22付け「編集手帳」要約

神様が羽織を引いたのかも

2017年6月22日付け「編集手帳」要約 将棋の神様がその人の羽織を引いたのかも知れない。 最年長棋士の加藤一二三九段が一昨日、最後の対局に敗れて引退した。 その一夜明けたきのうは最年少棋士の藤井聡太 …

2017.12.09付け「編集手帳」要約

流れ着いてほしいものは来ず

2017年12月9日付け「編集手帳」要約 〈名も知らぬ遠き島より/流れよる椰子の実一つ…〉『椰子の実』。 太平洋沿岸で黒潮大蛇行が長期化しているという。 蛇行の幅が拡大し、さらに沿岸から遠のいた。 椰 …