編集手帳

まずは自分の頭で考える

投稿日:2017年9月22日 更新日:

2017年9月22日付け「編集手帳」要約

加齢とともに増えるのが、流行語や新語の意味が分からない人の割合とど忘れ。
この頃では、スマホの検索機能を使えばたちどころに示される。
その分、自分で思い出す力が衰えるかもしれない。
作家の柳田邦男さんが、何事も携帯で発信し、応答を待つ若者を
〈自分の悩みは自分で引き受けるという自立心を育てたりすることができなくなってしまう〉
と、憂えている。
まずは自分の頭で考える。
中高年も心すべき時代なのかもしれない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.20付け「編集手帳」要約

人を第一に考えた経知を貫いた人

2017年8月20日付け「編集手帳」要約 倹約の美学を貫いた実業家の訃報が届いた。 吉本晴彦さんである。 「ケチとしぶちんは違う。経済の知恵、経知と書いてケチと読む。 出すときには出し、死に金にしない …

2017.03.29付け「編集手帳」要約

無常の雪を恨む

2017年3月29日付け「編集手帳」要約 『存在』という川崎洋さんの詩の、終わりの二行が重い。 〈「二人死亡」と言うな/太郎と花子が死んだと言え〉 一人ひとりに歩んできた人生があり、これから歩むはずだ …

2018.02.14付け「編集手帳」要約

「服育のため」ってなんだ?

2018年2月14日付け「編集手帳」要約 子供にとって、もの与えられるとはどんなことだろう。 東京中央区立泰明小学校が高級ブランド「アルマーニ」の標準服を採用する。 一式8万円の服を着ることが子どもた …

2018.01.03付け「編集手帳」要約

本と読者の出会いにつながるといい

2018年1月3日付け「編集手帳」要約 いまは思う存分、本を読む時間はなかなかとれない。 だが、タレントがテレビで紹介した本が緊急増刷されるということがある。 きっかけがあれば良書を手に取る人は多いと …

2017.12.04付け「編集手帳」要約

日本文化の新たな発信へ

2017年12月4日付け「編集手帳」要約 三重大の大学院が、来年度「忍者・忍術学」を新設するという。 なんともユニークである。 「息長」と呼ばれる呼吸法を医学的に解析したり。 「兵糧丸」を江戸時代の忍 …