編集手帳

変わっていく高校野球

投稿日:2017年9月21日 更新日:

2017年9月21日付け「編集手帳」要約

高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。
1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前で星稜を破った。
〈熱く長い夏の夜/人々の胸に不可能がないことを教え/君らは勝った〉
来春の選抜大会でタイブレイク制が導入される。
選手の負担を軽減し、故障を防ぐのが目的らしい。
選手の将来を守る意味は大きいが、ときに〈不可能がないこと〉を教える高校野球の姿が変わっていくのは少々さみしい。
効果を検証し、健康管理策の議論をつづけてほしい。
色褪せぬ最高試合の系譜が連なるよう祈りつつ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.10.05付け「編集手帳」要約

築地のネズミが嘆く分はしかたなし

2018年10月5日付け「編集手帳」要約 不景気になると築地のネズミは銀座にやって来るという。 銀座の方々は、心穏やかではあるまい。 あす6日に築地市場が長い歴史に幕を下ろす。 業者は11日までに豊洲 …

2018.07.07付け「編集手帳」要約

どんな思いで見上げればいいのだろう

2018年7月7日付け「編集手帳」要約 坂本弁護士の遺体が発見された連絡は、警察無線をいくつか経由して、東京に届いたという。 外に出て、どんな悲しい電波なんだろうと夜空を見上げたのを覚えている。 教祖 …

2018.09.15付け「編集手帳」要約

やっぱり親しみがこもらない

2018年9月15日付け「編集手帳」要約 プーチン大統領が北方領土問題の解決を棚上げにし、平和条約締結を提案したという。 日本が、受け入れないことを承知の上での発言に違いない。 驚かせたり、揺さぶりが …

2017.06.21付け「編集手帳」要約

風は吹き来たり、潮は流れ去る

2017年6月21日付け「編集手帳」要約 方向を表す言葉はややこしい。 風と潮では逆になり、〈風は吹き来たり、潮は流れ去る〉と覚える。 築地市場の移転問題が流れていく方向はもっとややこしい。 市場をい …

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …