編集手帳

変わっていく高校野球

投稿日:2017年9月21日 更新日:

2017年9月21日付け「編集手帳」要約

高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。
1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前で星稜を破った。
〈熱く長い夏の夜/人々の胸に不可能がないことを教え/君らは勝った〉
来春の選抜大会でタイブレイク制が導入される。
選手の負担を軽減し、故障を防ぐのが目的らしい。
選手の将来を守る意味は大きいが、ときに〈不可能がないこと〉を教える高校野球の姿が変わっていくのは少々さみしい。
効果を検証し、健康管理策の議論をつづけてほしい。
色褪せぬ最高試合の系譜が連なるよう祈りつつ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.07付け「編集手帳」要約

“三尺もの”の幕切れ

2017年3月7日付け「編集手帳」要約 きのうの朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。 奇襲能力を見せつけ、米国との交渉力を高める“賽の目”に賭けた丁半勝負だとすれば、愚行の極みである …

2017.09.27付け「編集手帳」要約

対立は過激派勢力を利するだけだ

2017年9月27日付け「編集手帳」要約 イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。 過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間 …

2017.07.22付け「編集手帳」要約

この母にして、この子あり

2017年7月22日「編集手帳」要約 横綱白鳳の母タミルさんは、モンゴル巡業で谷川親方に、4年前の対戦のことを謝った。 伝え聞いた白鵬関は「…おふくろはありがたい」と苦笑したという。 帰化する道を息子 …

2017.07.08付け「編集手帳」要約

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

2017年7月8日「編集手帳」要約 デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。 芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。 交番に勤務しながら「似顔絵捜査 …

2017.01.03付け「編集手帳」要約

駅伝を人間の年齢にあてはめる

箱根駅伝のテレビ中継を見ていて、各区間に人間の年齢をあてはめてみるときがある。 平均寿命を全行程とすれば、往路2区は青春前半。 往路5区・復路6区は30代半ばから40代後半。 人生の山坂が重なる競技で …