編集手帳

変わっていく高校野球

投稿日:2017年9月21日 更新日:

2017年9月21日付け「編集手帳」要約

高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。
1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前で星稜を破った。
〈熱く長い夏の夜/人々の胸に不可能がないことを教え/君らは勝った〉
来春の選抜大会でタイブレイク制が導入される。
選手の負担を軽減し、故障を防ぐのが目的らしい。
選手の将来を守る意味は大きいが、ときに〈不可能がないこと〉を教える高校野球の姿が変わっていくのは少々さみしい。
効果を検証し、健康管理策の議論をつづけてほしい。
色褪せぬ最高試合の系譜が連なるよう祈りつつ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.13付け「編集手帳」要約

夏の風物詩、「怪談のたぐい」

2017年8月13日付け「編集手帳」要約 昔の消夏法は下町の縁台で「怪談のたぐいの話」を聞くことだった。 たが、クーラーの普及が進み私たちの生活の中から〈怪談〉が消えてしまった。 冷房が普及していなく …

2017.05.02付け「編集手帳」要約

これは“み”かな?

2017年5月2日付け「編集手帳」要約 「コラムとは、ねたみ、ひがみ、そねみ、三つの“み”から出発して書くものだ」と野坂昭如さんが書いている。 お一人様、3泊4日で最高95万円という「トランスイート四 …

2017.11.26付け「編集手帳」要約

味わいを末永く楽しむため

2017年11月26日付け「編集手帳」要約 大西洋のクロマグロは、乱獲で激減したが、その後の各国で漁を減らし数が回復した。 一方、太平洋では今も現象が深刻だ。 大西洋からの供給が戻るうちに、太平洋で厳 …

2018.05.01付け「編集手帳」要約

新緑の季節を晴れやかに迎えたい

2018年5月1日付け「編集手帳」要約 夏と春の境に咲く藤の花は、例年なら今が見頃である。 清少納言も称賛したその花の咲く情景は、海外からも注目される。 今日はメーデー、労働者の祭典も、新しい季節を祝 …

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …