編集手帳

変わっていく高校野球

投稿日:2017年9月21日 更新日:

2017年9月21日付け「編集手帳」要約

高校野球を愛した作詞家の阿久悠さんに『最高試合』という詩がある。
1979年夏の大会、箕島が延長に入って2度離されながらも、本塁打で追いつき引き分け再試合寸前で星稜を破った。
〈熱く長い夏の夜/人々の胸に不可能がないことを教え/君らは勝った〉
来春の選抜大会でタイブレイク制が導入される。
選手の負担を軽減し、故障を防ぐのが目的らしい。
選手の将来を守る意味は大きいが、ときに〈不可能がないこと〉を教える高校野球の姿が変わっていくのは少々さみしい。
効果を検証し、健康管理策の議論をつづけてほしい。
色褪せぬ最高試合の系譜が連なるよう祈りつつ。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.07付け「編集手帳」要約

受話器を握りしめ天に祈ったろう

2017年6月7日付け「編集手帳」要約 小型飛行機が墜落した事故で亡くなった4人のうちの一人、川西勝基さんの記事を読んだ。 墜落し、警察に連絡し、身動きがとれないことを父親の均さんに電話で伝えた。 「 …

2017.12.14付け「編集手帳」要約

CMに恥じる

2017年12月14日付け「編集手帳」要約 建設大手4社、スーパーゼネコンの夢のあるCMが、ここにきて色あせて見える方は少なくないだろう。 リニア中央新幹線工事を巡る不正受注疑惑である。 東京地検特捜 …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.01.07付け「編集手帳」要約

その人も身のまわりに集めてほしい

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏が、メキシコに工場を新設するトヨタ自動車を批判した。 例によって事実誤認と思い込みを織りまぜた極論である。 アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉が知られてい …

2018.02.22付け「編集手帳」要約

人生の有為転変を一句一句歩んだ人

2018年2月22日付け「編集手帳」要約 俳壇のカリスマ敵存在だった金子兜太氏が98歳で亡くなった。 花鳥諷詠に背いて社会性を読む前衛俳句運動への貢献は広く知られるところだろう。 〈水脈の果て炎天の墓 …