編集手帳

サンマの開国を進めたい

投稿日:2017年9月19日 更新日:

2017年9月19日付け「編集手帳」要約

サンマは幕末に黒船で来航したペリーの報告をもとに、米国の魚類学者が「saira」と新種登録したという。
日本の秋の味覚サンマが不漁のニュースが相次ぐ。
興味を持った中国や台湾による活発な漁も一因とされる。
あのはらわたのほろ苦さを美味に感じる向きが海外にも広がるなら、喜ばしい話である。
とはいえ、高嶺の花になるも困る。
国レベルで漁獲制限のあり方を腰を据えて話し合うことが何より大切だろう。
サンマの「開国」をいい意味で進めたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.12付け「編集手帳」要約

風評被害払拭のための地道な取組

2018年3月12日付け「編集手帳」要約 福島県二本松市で農業を営む斉藤登さんは、風評との戦いを続けている。 震災直後から首都圏などでの直販やネット販売を続け、売上も伸びている。 その一方で、依然とし …

2018.09.17付け「編集手帳」要約

豊かな玄冬の構想を練ってみる

2018年9月17日付け「編集手帳」要約 青春の対局の「玄冬」を扱う作品が目立つ。 『傘寿まりこ』、80歳のまり子さんが自分らしく生きようと奮闘する姿を描く。 『おらおらでひとりいぐも』、夫を亡くした …

2018.08.14付け「編集手帳」要約

日付の刻みが虚無をさそう

2018年8月14日付け「編集手帳」要約 防空壕は国の指導のもと隣組で掘ったという。 だが、全く役に立たず、大勢の方が粗末な防御法を信じて命を失った。 秋田では終戦間際の8月14日夜から15日未明にか …

2018.01.16付け「編集手帳」要約

人のために生きなさい

2018年1月16日付け「編集手帳」要約 元あしなが育英会職員、林田吉司さんが病気のために亡くなった。 平成の二つの震災で、遺児の心のケアに尽力した人である。 神戸の施設で、ねじりはちまき姿で遺児らに …

2018.05.05付け「編集手帳」要約

複雑で簡単に解決できない問題

2018年5月5日付け「編集手帳」要約 『かがみの孤城』(辻村深月)は、いじめで不登校になった中学生の物語だ。 痛みの形は違うから、複雑なことを複雑のまま描かれている。 2019年度から中学で道徳が教 …