編集手帳

挑発にあおられずに冷静に乗り越えよ

投稿日:2017年9月13日 更新日:

2017年9月13日付け「編集手帳」要約

北の暴走がやまない。
非核化という南北の誓いを無視した愚行に半島は緊迫の度を増している。
国連で追加の対北制裁決議が採択された。
挑発にあおられることなく、平和を願う国々の力を集め、冷静に危機を乗越えていくべきだろう。
かつて韓国の民主化運動を支えた金芝河さんの詩に、原爆詩人の栗原貞子さんが共感し、こたえた詩のように。
民主化の叫びが北の人々にも届く日をしばし夢想してみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2017.11.27付け「編集手帳」要約

手軽な写真との違いを生み出す努力

2017年11月27日付け「編集手帳」要約 写真家、橋口譲二さんの作品。 若者から老人まで様々な年代の市井の人々が風景の中にいる。 見ている方の背筋が伸びるような真面目さが伝わってくる。 見知らぬカメ …

2017.07.25付け「編集手帳」要約

歴史の娘が亡くなった

2017年7月25日付け「編集手帳」要約 評論家犬飼道子さん。 祖父犬飼毅が「五・一五事件」で暗殺され、父・健氏が「ゾルゲ事件」の疑いで逮捕された。 難民の支援活動などで見せた不屈の意思は、昭和史が家 …

2018.11.30付け「編集手帳」要約

ウソであった方がほっとする

2018年11月30日付け「編集手帳」要約 「科学懐疑主義」 すごいすごいと感心する前に、ちょっと待てよと疑う姿勢のことだ。 賀建奎氏が質問に応える様子をテレビで見た。 人の受精卵に遺伝情報をを変える …