編集手帳

代書せず

投稿日:2017年9月8日 更新日:

2017年9月8日付け「編集手帳」要約

元神戸市議が政務活動費の不正使用で辞職した。
落語の『代書』の住人と違って、悪質極まりない。
「号泣議員」にとどまることなく、不正が続いているのは、公金感覚が欠けているからだろ。
「第二の報酬」とも呼ばれる実態をいつまでも放置しておくわけにいかない。
地方議会はもう逃げ腰をやめ、まずは使徒の情報公開を徹底すべきだろう。
虚偽の領収書を求められた業者も〈代書せず〉と突っぱねて、悪弊を断ち切りたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.23付け「編集手帳」要約

地方をどう守るか柔軟に考えたい

2018年7月23日付け「編集手帳」要約 児童書『さかさ町』は、すべてが逆さまな街の様子を描いている。 頭の柔らかい子供には理屈なく面白いらしい。 日本でも昔と今で逆さまが生じている。 年齢別構成を表 …

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …

2017.11.11付け「編集手帳」要約

1から楽しげなカフェ街区を連想

2017年11月11日付け「編集手帳」要約 本日の暦は1ばかり並ぶ。 カフェオレ=コーヒー1、牛乳1。 カフェラテ=エスプレッソ1、牛乳1。 カプチーノ=エスプレッソ1、牛乳1,泡立てた牛乳1。 と、 …

2019.01.04付け「編集手帳」要約

手紙のやりとりは会話と同じだ

2019年1月4日付け「編集手帳」要約 思いを伝えるのは、声や身ぶりだけでなく文字もある。 江戸時代の天文学者、麻田剛立は筆まめだった。 遠くの知人から手紙が届くと、すぐ返事を書き、飛脚に託した。 〈 …

2017.08.03付け「編集手帳」要約

名前はなかったが、以って瞑すべし

2017年8月3日付け「編集手帳」要約 夏目家の猫も名前がなかった。 といっても、冷遇されていたわけではなかったようだ。 死の床にある猫をじっと見つめていた様子が、『猫の墓』と題する一編に書かれている …